アクマチックの効能・用量・副作用など

アクマチックの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アクマチックの特徴

◆アクマチックは、虚弱者や小児腺病体質者(貧血などになりやすい虚弱・無力体質)の体質改善、およびこのような人の扁桃腺肥大・湿疹などの症状を改善するために考え出された生薬製剤です。
◆アクマチック中のオウレン・オウゴン・オウバク・サンシシ・サイコ・カロコンは、虚弱者や小児腺病体質者の体質改善をはかり、トウキ・シャクヤク・センキュウ・ジオウはオウレン・オウゴンなどの働きを助けるように働きます。キキョウ・レンギョウ・ゴボウシ・カンゾウ・ハッカは扁桃腺肥大やアデノイド、湿疹などの炎症状態を鎮めるように働きます。

アクマチックの効能効果

虚弱者、小児腺病体質者の体質改善、およびこれらの者の次の諸症:扁桃腺肥大、アデノイド、湿疹

アクマチックの用法用量

次の量を随時、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「随時服用」とは食前・食間(食後2?3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが、胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):5錠:3回
12歳以上15歳未満:4錠:3回
7歳以上12歳未満:3錠:3回
5歳以上7歳未満:2錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

アクマチックの成分分量

15錠(4.5g)中
エキス 2.37mL(固形物1.0g) (オウゴン0.2g・オウバク0.2g・オウレン0.1g・カロコン1g・カンゾウ0.1g・キキョウ1g・ゴボウシ1g・サイコ0.8g・サンシシ0.2g・ジオウ1g・シャクヤク1g・センキュウ1g・トウキ1g・ハッカ1g・レンギョウ1g)
オウゴン末 0.3g
オウバク末 0.3g
オウレン末 0.3g
カンゾウ末 0.8g
サンシシ末 0.3g
(添加物)
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、乳糖

アクマチックの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

アクマチックの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

アクマチックが気になる人向けのコラム

体質改善にもなる「スイミングダイエット」

スイミング
スイミングダイエットは、泳ぐことでカロリーを消費して痩せるというダイエット方法です。
スイミングは実はとてもカロリーを消費するスポーツで、同じ人が30分をーキングをした場合と30分泳いだ場合では、泳いだ方が約3倍もカロリー... 続きを読む

低体温は美容の大敵 じんわりと温かい「ホットストーン」で体質改善

冷え性、頭痛、腰痛など、女性に多い不快な症状に対して、効果があると言われるホットストーン。一般的にはスパやマッサージ店でプロに施術してもらうイメージですが、今や自宅でも気軽にできるようになりました。 低体温は健康や美容の大敵 50 年... 続きを読む

体質に合ったお茶でダイエット!

お茶
ダイエットに向いているお茶としてあげられるのは、プーアル茶・ゴーヤ茶・ギムネマ茶・明日葉茶・ウコン茶などです。ダイエットに効くといっても、その効果はそれぞれですので自分の体質やダイエットの目的に合わせたお茶をセレクトすることが肝心... 続きを読む

痩せ体質へと変えられる朝活ダイエット

朝活
午前中は1日のうちでもっとも時間の融通がききやすく、習慣化しやすい時間帯です。また脂肪が燃焼されやすい時間帯でもあります。そのため朝食の時間を早めたり、早朝にストレッチや軽い運動をするといった朝活を行うことで、効率良く脂肪を燃やし... 続きを読む

大豆ペプチドで痩せ体質を手に入れる

大豆ペプチド
大豆や牛乳に豊富に含まれている「大豆ペプチド」は、体の基礎代謝を促進する効果のある栄養素です。
基礎代謝を挙げることができれば毎日の消費カロリーがアップし、じっとしていても効率的にカロリーを消費できる痩せ体質になること... 続きを読む