ウチダの紫根牡蠣湯の効能・用量・副作用など

ウチダの紫根牡蠣湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの紫根牡蠣湯の特徴

ウチダの紫根牡蠣湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの紫根牡蠣湯の効能効果

体力中等度以下のもので、消耗性疾患などに伴うものの次の諸症:
乳腺の痛み、痔の痛み、湿疹・皮膚炎、貧血、疲労倦怠

ウチダの紫根牡蠣湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの紫根牡蠣湯の成分分量

1袋中
トウキ 5g
シャクヤク 3g
センキュウ 3g
シコン 3g
ダイオウ 1.5g
ニンドウ 1.5g
オウギ 2g
ボレイ 4g
ショウマ 1g
カンゾウ 1g
(添加物)
無し

ウチダの紫根牡蠣湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人
むくみ
(8)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
6.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの紫根牡蠣湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの紫根牡蠣湯が気になる人向けのコラム

ノロウイルスと牡蠣の関係 食中毒を起こしやすい牡蠣は生食用or加熱用?

ノロウイルスは牡蠣に蓄積している場合がありますが、適切に処理されたものなら安心して食べられます。牡蠣鍋に牡蠣フライと、冬は牡蠣のおいしい時期。正しい情報を身につけて、安全に楽しみましょう。 「生食用=新鮮=安全」ではない 冬になるとニュ... 続きを読む

「生食用」と「加熱用」牡蠣鍋にはどっちを選ぶのが正解?

牡蠣がおいしい季節です。店頭では「生食用」と「加熱用」が並んでいますが、あなたはどちらを買っていますか? 「生食用は、生でも食べられるほど新鮮でおいしいってことですよね?
牡蠣鍋にする時も、牡蠣フライにする時も、生食用を買ってます」とい... 続きを読む

乳がんのセルフチェックの仕方-自己検診で乳がんを早期発見

乳がんは自分で見て触って、かなり初期のうちに発見することができるがんです。これは、進行して自覚症状が出るまで気づきにくいほかのがんにはない利点。この利点を活かすには、定期的に自己検診を行うことが決め手です。ぜひ正しい自己検診の方法を身につ... 続きを読む

乳がん早期発見のために-5つの危険因子と3つのセルフチェック

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによ... 続きを読む

BRCA遺伝子

ハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの予防のために両乳房の切除手術を受けたことが、大きな話題になりました。 これは遺伝子検査によって、遺伝性の乳がんになる可能性が高いことがわかったため。このとき調べられたのが、「BRC... 続きを読む