オオクサ調血丸の効能・用量・副作用など

オオクサ調血丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 大草薬品
販売会社 大草薬品販売
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

オオクサ調血丸の特徴

○オオクサ調血丸は漢方薬「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)に緩下剤の大黄を加えた独自の処方です。
○比較的体力のある方の月経不順や月経困難症,更年期障害に伴うのぼせや動悸などに効果があります。
○女性だけではなく,男性の打撲症にも用いられます。

オオクサ調血丸の効能効果

月経不順,月経困難症,打撲症,更年期の神経症・更年期障害に伴うのぼせ・動悸

オオクサ調血丸の用法用量

次の量を,食前又は空腹時に,水またはお湯でかまずに服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):20?30丸(1?1.5包):3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。

オオクサ調血丸の成分分量

5包(100丸)中
ケイヒ末 2g
ブクリョウ末 2g
ボタンピ末 2g
トウニン末 2g
シャクヤク末 2g
ダイオウ末 0.5g
(添加物)
寒梅粉,ハチミツ,セラック

オオクサ調血丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したリ,副作用が起こりやすくなります)
1.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合には授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
瀉下薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛,食欲不振
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

オオクサ調血丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変化します)。

オオクサ調血丸が気になる人向けのコラム

基礎体温はからだの情報の宝庫 妊娠や更年期の症状も分かる

月経は体調を敏感に映し出すバロメーター。月経周期や経血の状態をチェックするのと同時に、基礎体温を測ると、体調管理や更年期の予測に役立ちます。 体調を管理する
大切な情報の宝庫が基礎体温 女性のからだのリズムを知るのに、とても重要なの... 続きを読む

女性の更年期は体の転換期-食事・運動・リフレッシュが重要

3月1日から8日は「女性の健康週間」です。そこで、女性にとって体の「転換期」とも言える更年期の健康について考えてみましょう。更年期の健康と言っても、当然それ以前の健康状態や生活習慣などが大きく影響しますから、更年期について知っておくことは... 続きを読む

更年期障害の症状-女性なら知っておきたい更年期の症状あれこれ

「最近、顔がほてるし、すごく疲れやすいの」「それって更年期じゃない?」―こんな会話が20~30代の女性の間でも聞かれます。
20~30代でおこるほてりやのぼせ、めまい、イライラ、だるさ、月経不順などは、正しくは更年期症状とは別物です。そ... 続きを読む

若い女性に増えている「プチ更年期」 ちょっとした体調不良に注意

20~30代の女性は、更年期と聞いてもまだ先の話と思われるでしょう。しかし最近、若い女性にも更年期障害のような症状を訴える人が増えて、「プチ更年期」という言葉が使われるようになっています。
そもそも更年期とは閉経をはさんだ前後10年間... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む