サンワロンDの効能・用量・副作用など

サンワロンDの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 三和生薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

サンワロンDの特徴

サンワロンDは,「大防風湯」の水製エキスを服用しやすい錠剤にしたものです。

サンワロンDの効能効果

関節がはれて痛み,麻痺,強直して屈伸しがたいもの。下肢の関節リウマチ。慢性関節炎 痛風。

サンワロンDの用法用量

次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。
[年令:1回量]
大人(15才以上):10錠
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

サンワロンDの成分分量

本品1日量 30錠中
サンワロンD水製エキス 5.14g (トウキ・シャクヤク・ジオウ・オウギ・ボウフウ・トチュウ・ビャクジュツ各2.57g,ニンジン・キョウカツ・ゴシツ・カンゾウ・ショウキョウ・タイソウ各1.29g)
加工ブシ末 0.86g
(添加物)
乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸カルシウム

サンワロンDの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)下痢しやすい人。
(5)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。むくみ
(9)次の診断を受けた人。高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,腹痛
その他:動悸,のぼせ,ほてり,口唇・舌のしびれ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること 下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

サンワロンDの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)乾燥剤は捨てないこと。また,誤って飲み込まないようにすること。

サンワロンDが気になる人向けのコラム

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む

生活習慣病、痛風・高尿酸血症‐健康的な生活とは?

ある日突然、足の親指のつけ根の関節がギリギリと激しく痛み出し、赤く腫(は)れて歩けなくなるほどの痛みです。この症状が「風に吹かれても痛い」と形容される痛風です。かつては、美食を楽しめる富裕層に多いことから“ぜいたく病”などと言われたことも... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む