ネオ小町錠の効能・用量・副作用など

ネオ小町錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 摩耶堂製薬
販売会社 メディカルリーチ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ネオ小町錠の特徴

☆ネオ小町錠は,ニキビ,吹出物,肌荒れなどお肌のトラブルの改善に効果を発揮するとともに,お肌によいビタミン類(ビタミンB2やビタミンB6,ビタミンC等)を配合していますので,肌荒れを防止し,お肌の不調和を整えます。

ネオ小町錠の効能効果

にきび,吹出物,しみ,そばかす,色素異状沈着,じんましん,湿疹,皮膚炎,痒疹,あせも,皮膚そう痒症,口唇炎,口唇亀裂,アレルギー体質,しもやけ,あかぎれ等の治療と予防

ネオ小町錠の用法用量

通常1回3?5錠・1日2?3回,水又はお湯で服用してください。
なお,年齢・症状により適宜増減してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ネオ小町錠の成分分量

10錠中
キキョウ 200mg
センキュウ 200mg
ダイオウ 250mg
オウゴン 200mg
トウキ 150mg
ボタンピ 200mg
ヨクイニン 300mg
ケイヒ 150mg
ケイガイ 150mg
レンギョウ 150mg
サンキライ 200mg
ニンドウ 150mg
ニコチン酸アミド 100mg
リボフラビン 5mg
ピリドキシン塩酸塩 20mg
アスコルビン酸 200mg
DL-メチオニン 80mg
パントテン酸カルシウム 25mg
乳酸カルシウム水和物 340mg
(添加物)
マクロゴール,ゼラチン,タルク,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム,銅クロロフィリンナトリウム,アラビアゴム,白糖,セラック,ヒプロメロース,乳糖,セルロース,炭酸カルシウム,カルナウバロウ

ネオ小町錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
5歳未満の乳児・幼児
(錠剤がのどにつかえることがあります。)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
(4)胃腸の弱い人,胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人
食欲不振,吐き気・嘔吐,軟便,下痢
(7)次の医薬品を服用している人
瀉下薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,吐き気・嘔吐,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,軟便,下痢
4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ネオ小町錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また,本剤をぬれた手で扱わないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。
開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(7)一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ネオ小町錠が気になる人向けのコラム

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む