黄解B錠の効能・用量・副作用など

黄解B錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 一元製薬
販売会社 イチゲン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

黄解B錠の効能効果

比較的体力があり,のぼせ症で便秘するものの次の諸症:鼻出血,高血圧,高血圧による不眠症,不眠症,二日酔

黄解B錠の用法用量

食前1時間,又は空腹時服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:4?6錠(頓服には6?8錠):3回
(用法関連注意)

黄解B錠の成分分量

100錠中
オウレン末 3.5g
オウゴン末 5g
オウバク末 3.5g
サンシシ末 4g
ダイオウ末 6.5g
水製エキス 2.5g (オウレン・オウバク各4g,オウゴン5.5g,サンシシ4.5g,ダイオウ7g)
(添加物)
なし

黄解B錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)はげしい腹痛又は悪心・嘔吐のある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(鼻出血,二日酔に服用する場合には5?6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢

黄解B錠の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管すること。
(2)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない,涼しい所に密栓して保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないこと。
(4)保存の状況が悪いと,場合によっては虫,カビ等がつくことが考えられますので,上記の注意を必ず守って下さい。

黄解B錠が気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

生活習慣を改善して仮面高血圧などの高リスクを改善しよう

医師が治療の際に参考にするものに「治療ガイドライン」があります。高血圧に関して最新の治療ガイドラインは、日本高血圧学会が作成した『高血圧治療ガイドライン2009』です。その特徴は、国内での大規模な臨床試験の結果を参考とし、日本人の高血圧治... 続きを読む

【医師が回答!】鼻筋を通すにはどうしたらいいの? 整形せずに鼻を高くしたい

私は鼻筋が通っていなくて、団子っ鼻なのがすごくコンプレックスです。整形とかはしたくないので、せめて、その鼻が目立たないような表情とかがあれば教えてください! (質問者
ペンギンさん) 教えて!goo 団子っ鼻がコンプレックスというペ... 続きを読む

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケースも実際は高血圧と呼ぶべきなのに、医療機関での測定ではまるで正常血圧という“仮面”をかぶっているようにみえることから、... 続きを読む

高血圧が改善しにくい…腎動脈狭窄症かも?8つの項目をチェック

血液の流れを妨げ、臓器の働きを低下させる動脈硬化。心臓(冠動脈)に起これば狭心症や心筋梗塞、脳(脳動脈)で起これば脳梗塞を発症することはよく知られています。動脈硬化はこのほか首(頸動脈)や脚(下肢動脈)、腎臓(腎動脈)など全身の動脈で起こ... 続きを読む