冠心調血飲エキス顆粒の効能・用量・副作用など

冠心調血飲エキス顆粒の基本情報

冠心調血飲エキス顆粒

冠心調血飲エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 散剤
製造販売会社 原沢製薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

冠心調血飲エキス顆粒の特徴

冠心調血飲エキス顆粒は,生薬「丹参(タンジン)」を主成分として他の生薬を配合した医薬品です。
中年以降または高血圧傾向の方が悩まされる頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸の改善を目的としています。

冠心調血飲エキス顆粒の効能効果

中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸

冠心調血飲エキス顆粒の用法用量

次の量を食間又は空腹時に,水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を守って下さい。

冠心調血飲エキス顆粒の成分分量

3包(9g)中
冠心調血飲エキス 4.5g (センキュウ・シャクヤク・コウカ各2.25g,モッコウ・コウブシ各1.125g,タンジン4.5g)
(添加物)
トウモロコシデンプン

冠心調血飲エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)15歳未満の小児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ等)を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,嘔吐,食欲不振,胃痛,腹部膨満感
その他:異常出血,動悸,のぼせ,ほてり,ふらつきなど
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

冠心調血飲エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

冠心調血飲エキス顆粒に効果効能が似た薬

冠心調血飲エキス顆粒が気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

うつ病かも? うつを見分ける7つのポイント|回復への近道は?


うつ状態は、誰でもが陥りやすい状態です。一昔前までは、中年以降のものとされていましたが、最近では、低年齢化の傾向がみられ、大学生はもちろんのこと、不登校中の中学生や高校生にもみられるようになりました。専門家の話では、小学生にまで降りてき... 続きを読む

女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割... 続きを読む

めまいの3つのタイプと原因と症状-ストレスが原因のめまいも

朝起き上がろうとしたとき、くらっときたり、目の前の風景がぐるぐる回ったりすることはありませんか?
「めまい」の原因の7割は内耳の異常にありますが、脳に異常がある場合や、自律神経やホルモンの乱れなどからめまいが起こる場合もあります。
め... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む