気上錠の効能・用量・副作用など

気上錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

気上錠の特徴

◆気上錠は、眼科疾患・胃下垂といった胃腸疾患、めまいや耳なりなどを改善するように働く生薬製剤です。

気上錠の効能効果

眼科疾患、結膜炎、心臓衰弱、心悸亢進、神経衰弱、めまい、耳なり、胃下垂、胃アトニー

気上錠の用法用量

次の量を随時、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「随時服用」とは食前・食間(食後2?3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが、胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):5錠:3回
12歳以上15歳未満:4錠:3回
7歳以上12歳未満:3錠:3回
5歳以上7歳未満:2錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

気上錠の成分分量

15錠(3.3g)中
エキス 1.97mL(固形物0.5g) (カンゾウ1g・ケイヒ1.5g・ビャクジュツ1g・ブクリョウ2g)
オウバク末 0.3g
オウレン末 0.35g
カンゾウ末 0.3g
ケイヒ末 0.3g
サンシシ末 0.3g
ニンジン末 0.3g
ビャクジュツ末 0.3g
ブクリョウ末 0.35g
(添加物)
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、乳糖、バレイショデンプン

気上錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

気上錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

気上錠が気になる人向けのコラム

うつ病自己診断チェック表‐うつかもと不安を感じたらまずは症状を確認

仕事の過度なストレスでうつ病になったなど、最近よく耳にします。実際、患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。 気分の落ち込みが激しい状態が続く 近年... 続きを読む

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む

逆立ちダイエットとは

逆立ち
逆立ちダイエットとは、逆立ちすることで血液の流れをよくするダイエットです。逆立ちすると、下半身にたまっている血液が流れるので、全身の血行が良くなります。足のむくみや胃下垂なども解消されるので、お腹のぽっこりしているのもとれると言... 続きを読む

不整脈ってどんな症状? 危険な不整脈、不整脈の治療とは?

心臓は休むことなく収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させるポンプの働きをしています。心臓の筋肉(心筋)が収縮して血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れるという運動が、規則正しく一定のリズムでくり返されているのです。この... 続きを読む