強虚労散の効能・用量・副作用など

強虚労散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

強虚労散の効能効果

疲労回復、慢性胃腸アトニー、更年期神経痛、月経不順、耳なり、産前・産後の病、手・足・腰の冷え、どうき、めまい、肩こり、腹痛、腰痛、痔出血、脱肛

強虚労散の用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
10歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
5歳以上10歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
5歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

強虚労散の成分分量

4.5g又は3包中
シャクヤクエキス 1.250mL(固形物0.045g)
タイソウエキス 2.425mL(固形物0.371g)
カンゾウ末 0.371g
ケイヒ末 0.804g
シャクヤク末 1.238g
ショウキョウ末 0.309g
ソウジュツ末 0.619g
トウキ末 0.062g
ブクリョウ末 0.619g
オウギ末 0.062g
(添加物)
なし

強虚労散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)吐き気・嘔吐のある人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
3.1ヵ月位(痔出血に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

強虚労散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

強虚労散が気になる人向けのコラム

【科学が証明】正しい疲労回復法-疲労がたまると老化が進む

正しく対処しないと疲労は蓄積する一方。疲れが蓄積すると自律神経の働きが乱れ、生活習慣病や老化の促進にも。思い込みではなく科学的な対処法を。 疲労と老化の原因は同じ。こまめに解消を 暑い日が続くと、ふつうに生活しているだけで疲れてしま... 続きを読む

深呼吸でドライアイが改善!疲労回復や美肌効果も? 効果的な方法

パソコンやスマホを長時間見る生活が当たり前になり、現代人の目は疲れ気味。目が乾いてしまって不快感や視覚機能異常を伴う「ドライアイ」の患者さんが増えています。 ドライアイとまではいわないまでも、目が乾いてつらいとき、どうやって対処してい... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む

基礎体温はからだの情報の宝庫 妊娠や更年期の症状も分かる

月経は体調を敏感に映し出すバロメーター。月経周期や経血の状態をチェックするのと同時に、基礎体温を測ると、体調管理や更年期の予測に役立ちます。 体調を管理する
大切な情報の宝庫が基礎体温 女性のからだのリズムを知るのに、とても重要なの... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む