桂枝五物湯エキス顆粒の効能・用量・副作用など

桂枝五物湯エキス顆粒の基本情報

桂枝五物湯エキス顆粒

桂枝五物湯エキス顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 散剤
製造販売会社 原沢製薬工業
販売会社 ニッド
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

桂枝五物湯エキス顆粒の特徴

口内炎,歯根炎,歯そう膿ろうなどの口臭は口中の痙痛とただれや荒れにともなってあらわれます。本品はこうした諸症状の治療を目的としてつくられた中国伝来の生薬製剤です。

桂枝五物湯エキス顆粒の効能効果

口中の痙痛とただれ及びあれのあるものの次の諸症状:口内炎・歯根炎,歯槽膿漏等の口臭

桂枝五物湯エキス顆粒の用法用量

次の量を,食前又は食間に,水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
7歳以上15歳未満:1/2包:3回
4歳以上7歳未満:1/4包:3回
4歳未満の乳幼児:服用しないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を守って下さい。
2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
3.1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用して下さい。

桂枝五物湯エキス顆粒の成分分量

3包(9g)中
桂枝五物湯エキス 5.9g (ケイヒ・オウゴン・キキョウ・ジオウ各4g,ブクリョウ8g)
(添加物)
乳糖水和物,ステアリン酸マグネシウム

桂枝五物湯エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)4歳未満の乳幼児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師,歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)高齢者
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,腹痛など
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
5.長期連用する場合には医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

桂枝五物湯エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

桂枝五物湯エキス顆粒が気になる人向けのコラム

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか?
そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみ... 続きを読む

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか?
もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。
ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合... 続きを読む

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む