清肺治喘丸の効能・用量・副作用など

清肺治喘丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 八ッ目製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

清肺治喘丸の特徴

本剤は、中国清時代に著された《重楼玉カギ》に記載されている「養陰清肺湯」の処方に基づくものです。本剤は8種類の生薬を配合し、咽頭痛(のどの痛み)、咳嗽(せき)に効果があります。

清肺治喘丸の効能効果

咽頭痛(のどの痛み)、咳喇(せき)

清肺治喘丸の用法用量

次の量を1日2回朝・夕に白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):10丸:2回
小児(15歳未満5歳以上):5丸:2回
5歳未満:服用させないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

清肺治喘丸の成分分量

20丸中
養陰清肺湯軟エキス 3.340mg (ジオウ2.631mg、ゲンジン2.105mg、ボタンピ1.578mg、ハッカ・バクモンドウ・カンゾウ各1.052mg、シャクヤク526mg、バイモ4mg)
(添加物)
カッセキ、ハチミツ、バレイショデンプン

清肺治喘丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないで下さい。
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
高熱、むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
精神神経系:めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

清肺治喘丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

清肺治喘丸に効果効能が似た薬

清肺治喘丸が気になる人向けのコラム

花粉症は早期対策で予防を-こんな症状は花粉症|6つの予防のコツ

年が明け、お正月の華やいだ雰囲気とは反対に、だんだん気が滅入っていくというのは花粉症の人たちでしょう。花粉症は、体の免疫機能がスギ花粉などを異物とみなしておこるアレルギー症状です。残念ながら、一度発症すると、自然にはなかなか治りません。そ... 続きを読む

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

深呼吸のリラックス効果と健康効果-生活習慣病の予防にも

仕事や家事で疲れたとき、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、体全体のこりがほぐれてゆったりした気分になります。こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。
深呼吸をするとリラックスできるのは、自律神経のうち交感神経の働... 続きを読む