扁鵲の効能・用量・副作用など

扁鵲の基本情報

扁鵲

扁鵲

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
販売会社 大鵬薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

扁鵲の特徴

「扁鵲」は脂肪過多症を改善するために,11種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

扁鵲の効能効果

脂肪過多症

扁鵲の用法用量

食間に水又はお湯にて服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包:3回
7?15歳:成人の1/2量:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

扁鵲の成分分量

3包(6g)中
タクシャ末 0.86g
ショウキョウ末 0.43g
ケイヒ末 0.43g
ボタンピ末 0.43g
サイコ末 0.86g
ショウマ末 0.43g
ダイオウ末 0.43g
カンゾウ末 0.43g
シャクヤク末 0.43g
チョレイ末 0.86g
ハンゲ末 0.43g
(添加物)
添加物は含有していません。

扁鵲の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
瀉下薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛,便秘,吐き気・嘔吐
その他:むくみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

扁鵲の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

扁鵲が気になる人向けのコラム

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠4ヵ月・増えた体重は全部お母さんの“脂肪”です

初めまして。新米妊婦の五十嵐ななと申します。現在妊娠4ヵ月で出産予定日には42歳。高齢出産かつ初産で戸惑いの多い日々ですが、そんな心境も含めつつ妊娠中の心身の変化や検診のこと、みなさんの参考になりそうな情報などをお届けしていきたいと思い... 続きを読む

脂肪の蓄積を防ぐ天然のインスリン「菊芋」のスゴい効果

「芋」という名前が誤解の元に
実はでんぷんはほぼ含まれない 里芋に似たゴツゴツとした外見に、「芋」がつくネーミング。最近、スーパーにも並ぶようになった菊芋ですが、見かけても新種の芋ぐらいに思っていた人も多いのではないでしょうか。 実... 続きを読む

皮下脂肪、内臓脂肪に続く「第3の脂肪」が怖い4つの理由

東アジアと南アジアの約112万人を対象とするコホート研究のデータ解析を基に、BMIと心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)による死亡リスクの関連が検討されました。その結果、東アジア人(日本、韓国、中国、台湾、シンガポール)では、BMI*が25以上... 続きを読む

効率よく脂肪を燃やす有酸素運動-効果倍増のウォーキング法とは

体にとって大切なエネルギーである脂質。しかし、その過剰摂取は高血圧や動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞をまねくことになります。体内に蓄積された脂肪を減らすために有効なのが有酸素運動です。運動を始めると、体はまず糖質を燃やしますが、その後、... 続きを読む

太りにくい体は自律神経から-痩せないのは交感神経が原因かも?

あの手この手でダイエットに取り組んでも、なかなかやせにくいという場合、その原因としては、交感神経の働きが低下していることが考えられます。
交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれます。交感神経は体を活動モードにする昼間の神経、副... 続きを読む