クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの効能・用量・副作用など

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 液剤
製造販売会社 大成薬品工業
販売会社 大洋製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの効能効果

手指・創傷面の殺菌・消毒
便所,便器,ごみ箱,たんつぼ,浄化そう等,疾病の予防のために必要と思われる場所の殺菌・消毒

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの用法用量

次のように水で希釈して洗浄する。
1.手指の消毒の場合:2%(本剤の50倍液)
2.創傷面の殺菌の場合:1%(本剤の100倍液)
3.便所等の消毒の場合:3%(本剤の33倍液)
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を厳守すること。
2.外用にのみ使用し,内服しないこと。
3.小児に使用する場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用すること。
4.本品は,使用濃度においてもクレゾール臭を有するので,適用箇所に十分注意すること。また,クレゾール臭を長時間吸わないように注意すること。
5.本剤は水道水で希釈すると次第に混濁して沈殿することがあるが,このような場合には,上澄み液を使用すること。

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの成分分量

1mL中
日本薬局方クレゾール石ケン液 1mL
(添加物)
なし

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.原液では使用せず必ず薄めて使用すること。
2.次の部位には使用しないこと。
(1)目,目のまわり,口,唇等には使用しないこと。万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗い流し直ちに眼科医の診療を受けること。
(2)広い範囲の皮膚または深い傷に使用しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人または家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この製品をもって医師または薬剤師に相談すること。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管すること。
2.小児の手の届かないところに保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと。(誤用の原因になったり,品質が変わる)
4.原液が皮膚に付着した場合は,刺激症状を起こすので,ただちに石けん水と水で洗い流すこと。また,刺激症状(炎症)が起きた場合は医師の診療を受けること。(原液を取り扱う場合は保護めがね,ゴム手袋等を着用すること。)

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pに効果効能が似た薬

クレゾール石ケン液「タイセイ」Pが気になる人向けのコラム

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

高齢期の住宅リフォーム失敗しないための7つのポイント

住まいは暮らしの拠点です。高齢になったからこそ住み慣れた地域に、愛着のある自宅に、長く安心して住み続けたいと願う人は多いでしょう。ところが、加齢により身体機能が低下したり介護が必要となると、住み慣れた住まいにも不便や危険が生じることをご存... 続きを読む

下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群-原因はストレス、対策法は?

通勤途中で急な便意をもよおし、途中下車してトイレに駆け込む。外出先で腹痛に見舞われ、下痢をした。病院で検査を受けて腸に異常は見つからなかったものの、また起こるかもしれないと不安に駆られる――。
こんな症状をくり返すのが、「過敏性腸症候群... 続きを読む

コーヒーのすごい効能‐肝機能を高め、肥満を予防してくれる

お茶の時間に何気なく口にしている一杯のコーヒー。それが、さまざまな生活習慣病の予防に効果があるという研究成果が発表されています。
生活習慣病というのは、食生活、運動、嗜好など、生活習慣が発症や進行に大きくかかわっている病気。がんや糖尿... 続きを読む

公共の場の全面禁煙へ-受動喫煙防止の大切さを理解して

街中の多くの人が利用する施設では、「禁煙」を掲げることが今や当たり前のようになっています。この当たり前のようなことをさらに徹底し、公共的な場所を「全面禁煙」にする動きが加速しそうです。
これは、厚生労働省が「受動喫煙防止対策について」と... 続きを読む