ネオクロール・ニュー・Sの効能・用量・副作用など

ネオクロール・ニュー・Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 散剤
製造販売会社 四国化成工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ネオクロール・ニュー・Sの効能効果

プール水の殺菌消毒

ネオクロール・ニュー・Sの用法用量

ネオクロール・ニュー・Sは,換水式プール,循環式プールのどちらにもご使用いただけます。
(1)遊泳開始5分から15分前に標準使用量をプールサイドから,出来るだけ均一に散布して下さい。
(2)標準使用量は,プール水1m3あたり2?3gです。(5時間管理)
(3)遊泳しない場合(休日・夜間)でも残留塩素を保持させて下さい。
(用法関連注意)

ネオクロール・ニュー・Sの成分分量

顆粒剤
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム (有効塩素63%)
(添加物)

ネオクロール・ニュー・Sの使用上の注意と副作用

その他の注意
■警告
ネオクロールのご使用前に取扱い上の注意を必ずお読み下さい。
●本品はプール専用の殺菌消毒剤です。本用途以外には使用しないで下さい。
●本品は強力な酸化剤ですので,貯蔵及び取扱いの際には次の点にご注意下さい。
■混合禁止
●次亜塩素酸カルシウム(ハイクロン,トヨクロン,南海クリヤー,高度さらし粉),次亜塩素酸ソーダとの直接混合での使用は絶対に避けて下さい。急激な塩素ガスなどの発生や爆発を起こします。
●酸,脱塩素剤(チオ硫酸ソーダ,亜硫酸ソーダ等),油脂類,その他可燃物とは直接触れないようにして下さい。急激に反応して有毒ガス(塩素ガス,亜硫酸ガス,硫化水素等)が発生し,爆発・発火することが有ります。
■危害防止の為に
●目や呼吸器を刺激し,飲み込むと有害です。
●取扱い時には,手袋,マスク,ゴーグルなどの保護具を着用して下さい。
■取扱い及び貯蔵は
●火気,熱(機械室・ボイラー室等),直射日光,水濡れを避けて,湿気のない涼しい場所に保管して下さい。
●金属を腐食しますので使用する器具等は,樹脂製の材質をお選び下さい。
●他の容器への詰替えは避けて下さい。
●子供の手の届かない所に保管して下さい。
■応急処置は
●目に入った場合は擦らないで大量の水で15分以上洗浄し,直ちに医師の手当を受けて下さい。
●誤って飲み込んだり,吸入した場合は直ちに医師の手当を受けて下さい。
●皮膚や衣服に付着した場合は直ちに払い落として水で充分に洗い流して下さい。皮膚を刺激したり,衣服を脱色させることがあります。
■処分・廃棄は
●火災や汚染の原因になりますのでごみ箱やごみ捨て場に捨てたり,埋め立てや河川への投棄は絶対に避けて下さい。
●処分する場合またはご不明な点は販売業者にお問い合わせ下さい。
■火災時は
●現場から遠ざけて類焼を避けて下さい。燃焼すると有毒ガスが発生します。
●消火の場合は大量の水をかけて下さい。

ネオクロール・ニュー・Sに効果効能が似た薬

ネオクロール・ニュー・Sが気になる人向けのコラム

体外受精と自然妊娠の確率はどっちが高い? 治療の流れや費用について

不妊治療のひとつの体外受精。基本的な治療の流れから、費用についてなどを解説します。 体外で受精させ、受精卵を子宮に戻す 基本的に保険適用外の不妊治療である体外受精。体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と受精させ、できた受精卵を... 続きを読む

水中ウォーキングで脂肪を燃やす-泳げなくても大丈夫な水中ダイエット

暑くなってくると、戸外でのスポーツは汗と紫外線が気になりますね。汗だくになったり、何度も日焼け止めを塗りなおすのはいや!
という人には、水泳や水中ウオーキングがおすすめ。涼しいし、屋内プールなら日焼けの心配もありません。
それだけではな... 続きを読む

冬の運動不足解消に温水プールがおすすめ-冬太りを予防しよう

通学も通勤も買い物も、電車やバス、車、自転車など何かの乗り物を利用していることが多いはずです。どんどん便利になっていく今の時代は、いくらでも楽ができてしまい、運動不足を自覚している人も少なくありません。
きっと多くの方が、「運動しなけれ... 続きを読む

効果抜群!プールでダイエット-泳げなくても大丈夫なエクササイズ

夏のフィットネスといったら、メーン舞台はやっぱりプールでしょう。そのプールでも、最近は泳ぐばかりでなく、いろいろな利用法が広がっています。水の浮力や抵抗を利用して、無理なく運動効果を上げることができるプール活用法をご紹介しましょう。
... 続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む