ハイライトクリーンM-90nの効能・用量・副作用など

ハイライトクリーンM-90nの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 錠剤
製造販売会社 日産化学工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ハイライトクリーンM-90nの効能効果

浄化槽放流水,プール水の殺菌・消毒

ハイライトクリーンM-90nの用法用量

浄化槽放流水:本品を2人1ヶ月当たり1錠の割合で浄化槽放流水出口に挿入し溶解させる。
プール水:本品1錠(30g)をプール水10m3の割合でプール内に投入し徐々に溶解させるか又は溶解装置で溶解させて循環水に注入する。
(用法関連注意)

ハイライトクリーンM-90nの成分分量

1錠(30g)中
トリクロルイソシアヌール酸 30g
(添加物)
1成分

ハイライトクリーンM-90nの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと重大な事故につながります)
(1)他の塩素系薬剤,次亜塩素酸ソーダ,次亜塩素酸カルシウム(ハイクロン,トヨクロン,南海クリアー,高度さらし粉)との直接混合は絶対に避けて下さい。急激な塩素ガスの発生や爆発を起こします。
(2)酸,脱塩素剤(チオ硫酸ナトリウム,亜硫酸ナトリウム等),油脂類,その他可燃物とは直接触れないようにして下さい。急激に反応して有毒ガス(塩素ガス,亜硫酸ガス,硫化水素等)が発生し,爆発・発火することがあります。
■相談すること
次の場合は,直ちに使用を中止し,この製品を持って,医師に相談して下さい
(1)本剤を誤って飲みこんだり,吸入したときは,すぐにこの製品を持って,医師に相談して下さい。
(2)本剤が目に入らぬように注意して下さい。もし目に入ったときは,こすらずにすぐに水またはぬるま湯で十分に洗い流し,この製品を持って,医師に相談して下さい。
(3)本剤が皮ふ又は衣服に付着したときは,すぐに水で十分に洗い流して下さい。本剤により皮ふの刺激症状(刺激感,発疹・発赤,かゆみ,はれ,ただれ等)があらわれることがあります。症状が重いときは,この製品を持って,医師に相談して下さい。

ハイライトクリーンM-90nの保管上の注意

(本剤は強力な酸化剤です。保管及び取扱にはご注意下さい。)
(1)火気,熱,直射日光を避け,湿気の少ない涼しい場所に保管して下さい。
(2)取扱時は手袋,マスク,ゴーグル等の保護具を着用して下さい。
(3)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(4)火災時には本剤を現場から遠ざけて類焼を避けて下さい。消火の場合は,大量の水をかけて下さい。
(5)火災の原因となりますので,ゴミ箱やゴミ捨て場に絶対に捨てないで下さい。
(6)他の容器や袋に詰め替えないで下さい。識別できなくなったり,誤用の原因となります。
(7)本品は入居前には開封しないで下さい。入居前に開封しますと塩素ガスの発生により金属等の腐食の恐れがあります。
(8)金属を腐食しますので使用する器具等は,樹脂製の材質をお選び下さい。
【廃棄の方法】
処分するときは,販売店にお問い合わせ下さい。

ハイライトクリーンM-90nが気になる人向けのコラム

水中ウォーキングで脂肪を燃やす-泳げなくても大丈夫な水中ダイエット

暑くなってくると、戸外でのスポーツは汗と紫外線が気になりますね。汗だくになったり、何度も日焼け止めを塗りなおすのはいや!
という人には、水泳や水中ウオーキングがおすすめ。涼しいし、屋内プールなら日焼けの心配もありません。
それだけではな... 続きを読む

冬の運動不足解消に温水プールがおすすめ-冬太りを予防しよう

通学も通勤も買い物も、電車やバス、車、自転車など何かの乗り物を利用していることが多いはずです。どんどん便利になっていく今の時代は、いくらでも楽ができてしまい、運動不足を自覚している人も少なくありません。
きっと多くの方が、「運動しなけれ... 続きを読む

効果抜群!プールでダイエット-泳げなくても大丈夫なエクササイズ

夏のフィットネスといったら、メーン舞台はやっぱりプールでしょう。そのプールでも、最近は泳ぐばかりでなく、いろいろな利用法が広がっています。水の浮力や抵抗を利用して、無理なく運動効果を上げることができるプール活用法をご紹介しましょう。
... 続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む

夏の子どもの健康トラブル-夏かぜ・脱水症・いぼ・水泡の対処法

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。今回は、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。
夏にもかぜがはやります。いわゆる「夏かぜ」で... 続きを読む