ピュリファンPの効能・用量・副作用など

ピュリファンPの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 液剤
製造販売会社 健栄製薬
販売会社 雪印ビーンスターク
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ピュリファンPの効能効果

哺乳びん・乳首の消毒,医療器具の消毒,器具・物品等の消毒,室内・便所・浴室の消毒,排泄物の消毒

ピュリファンPの用法用量

[効能効果:用法用量:濃度:消毒溶液1L調製時のピュリファンPの必要量]
哺乳びん・乳首の消毒:哺乳びん・乳首を洗浄,水洗いした後,本剤の80倍液に1時間以上浸してください。:0.0125%:12.5mL
医療器具の消毒:本剤の20?50倍液に数分間浸すか,清拭してください。:0.02?0.05%:20?50mL
器具・物品などの消毒:本剤の20?50倍液に数分間浸すか,清拭してください。:0.02?0.05%:20?50mL
室内・便所・浴室の消毒:本剤の20?50倍液で清拭してください。:0.02?0.05%:20?50mL
排泄物の消毒:本剤の1?10倍液を用いてください。:0.1?1%:100?1000mL
(用法関連注意)
●用法用量を厳守してください。(熱湯での希釈は避けてください。)
●目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
●酸性の洗浄・漂白剤,シアヌール酸系の製品等との混合は危険なので避けてください。
●金属製の容器は,変質することがあるので,用いないでください。また,哺乳びんバサミ・スプーン等の金属製品や指輪等を消毒溶液につけることも避けてください。
●調製後,消毒溶液が変色した場合は,水質が本剤には不適当なので,その水での本剤の使用を避けてください。
●化学繊維,皮革,毛,絹製品への使用を避けてください。
●あやまって飲みこんだ場合は,すぐに水・生卵・ミルク等を飲み,医師に相談してください。

ピュリファンPの成分分量

本品中
次亜塩素酸ナトリウム 0.01
(添加物)
なし

ピュリファンPの使用上の注意と副作用

■相談すること
使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:あれ,発疹・発赤,かゆみ

ピュリファンPの保管上の注意

●直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
●衣類等につくと脱色,変色することがあるので注意してください。
●使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ピュリファンPに効果効能が似た薬

ピュリファンPが気になる人向けのコラム

冬のお風呂は危険がいっぱい-注意するべき4つのポイント

日本人はお風呂好きといわれます。半面、入浴中の事故で亡くなる人は年間1万4000人を超えると推定され、とくに11月から3月の寒い季節の事故が多くなっています。年間1万4000人は交通事故による死亡者数を上回っています。このように日本で入浴... 続きを読む

妊娠の前にしておきたいママの準備-内科・婦人科検診、ワクチンなど

「赤ちゃんが欲しい」と思ったとき、まず考えてほしいことがあります。
気づいたら妊娠していた……、そして無事に生まれた……、無事に育っている……、それではいけないの?
という考え方もあるかもしれませんが、あらかじめ準備しておけば無用のトラ... 続きを読む

高齢期の住宅リフォーム失敗しないための7つのポイント

住まいは暮らしの拠点です。高齢になったからこそ住み慣れた地域に、愛着のある自宅に、長く安心して住み続けたいと願う人は多いでしょう。ところが、加齢により身体機能が低下したり介護が必要となると、住み慣れた住まいにも不便や危険が生じることをご存... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

クリニカルパスとは? 患者が安心して治療や入院を送るために

病気ごとに、治療や検査、看護ケアなどの内容およびタイムスケジュールを一覧表に表したものを「クリニカルパス」または「クリティカルパス」と呼びます。
クリニカルパスは、患者さん用と医療スタッフ用があり、ともに医療機関ごとに医師や看護師をはじ... 続きを読む