ミルクポンの効能・用量・副作用など

ミルクポンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 丸石製薬
販売会社 ピジョン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ミルクポンの効能効果

哺乳びん・乳首の殺菌消毒。医療器具の消毒、器具・物品などの消毒。室内・便所・浴室の消毒。排泄物の消毒

ミルクポンの用法用量

・哺乳びん・乳首の殺菌消毒
哺乳びん・乳首を洗った後、本品の80倍液に1時間以上浸す。(0.0125%)
・医療器具の消毒、器具・物品などの消毒
本品の20?50倍液に数分間浸すか、清拭する。(0.02?0.05%)
・室内・便所・浴室の消毒
本品の20?50倍液で清拭する。(0.02?0.05%)
・排泄物の消毒
本品の1?10倍液を用いる。(0.1?1%)
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を厳守する。(排泄物の消毒時以外は、原液での使用をさける。また、熱湯での希釈はさける。)
●喚起のよい場所で使用する。
●哺乳びん等に付着したミルクなどの有機物は、消毒前に十分に洗い落としてからミルクポン溶液につける。
●哺乳びん等は、浮かないようにミルクポン溶液に沈める。
●酸性の洗浄・漂白剤、シアヌール酸系の製品と混合すると塩素ガスが発生して危険ですので混合しない。
●金属製・木製の容器または器具・物品(スプーン等)は、変質することがありますので、使用しない。
●調製後、ミルクポン溶液が変色した場合、その水での調製をさける。

ミルクポンの成分分量

本品中
次亜塩素酸ナトリウム 1w/v%
(添加物)
pH調整剤

ミルクポンの使用上の注意と副作用

■相談すること
●使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師、又は登録販売者に相談する。
〔関係部位:皮膚〕
〔症状:手の荒れ、発疹、発赤、かゆみ〕
●本品は内服しない。また、あやまって飲み込んだ時は、すぐに水・生卵・ミルク等を飲み、医師に相談する。
●目に入らないよう注意する。目に入った場合には、こすらずにすぐに水又はぬるま湯で十分に洗い流す。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受ける。

ミルクポンの保管上の注意

●直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管する。
●誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえない。
●衣類、金属製の指輪等につくと脱色、変色することがあるので、注意する。
●本品は殺菌消毒する対象物によっては印刷面、材質などを変色(変質)させる場合があるので注意する。

ミルクポンに効果効能が似た薬

ミルクポンが気になる人向けのコラム

器具も何もいらない腰ひねりダイエット

腰ひねり
腰ひねりダイエットは必要な器具などはなにもない、体一つで行うことのできるダイエット方法です。
女性の場合、特に気になるウエスト周りのお肉を、効果的に落とすことが出来るので、お腹周りの脂肪が気になる人におすすめです。
さらに... 続きを読む

高額医療・介護療養費の合算で自己負担を軽減

高額療養費・高額介護合算療養費制度とは?
高額療養費・高額介護合算療養費制度とは、これらに支払った1年間の自己負担額のうち、一定の額を超える金額が還付金として戻ってくる制度です。平成20年4月から導入されました。
被保険者の収入に応... 続きを読む

医療保障と死亡保障のバランス

医療保障の必要性を見極めよう
医療保険は病気やケガをした際、それにかかる治療費や入院費などを補てんして、負担を減らす役割を担っています。治療費や入院費の多くは、公的医療保険によって最大3割負担で受けることができ、高額になった場合には高額... 続きを読む

冬のお風呂は危険がいっぱい-注意するべき4つのポイント

日本人はお風呂好きといわれます。半面、入浴中の事故で亡くなる人は年間1万4000人を超えると推定され、とくに11月から3月の寒い季節の事故が多くなっています。年間1万4000人は交通事故による死亡者数を上回っています。このように日本で入浴... 続きを読む

妊娠の前にしておきたいママの準備-内科・婦人科検診、ワクチンなど

「赤ちゃんが欲しい」と思ったとき、まず考えてほしいことがあります。
気づいたら妊娠していた……、そして無事に生まれた……、無事に育っている……、それではいけないの?
という考え方もあるかもしれませんが、あらかじめ準備しておけば無用のトラ... 続きを読む