リーアルラックス10の効能・用量・副作用など

リーアルラックス10の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消毒薬
形状 液剤
製造販売会社 多木化学
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

リーアルラックス10の効能効果

手指の消毒,食品製造器具の消毒,調理器具・食器の消毒,野菜・果物の消毒,飲料水の消毒,水泳プール水の消毒,トイレ・浴室の消毒,室内の消毒

リーアルラックス10の用法用量

[効能・効果:希釈倍数(使用濃度):使用方法]
手指の消毒:600?120倍(有効塩素濃度100?500ppm):希釈液に浸すか清拭する
食品製造器具の消毒:600?120倍(有効塩素濃度100?500ppm):希釈液に浸すか清拭する
調理器具,食器の消毒:600?120倍(有効塩素濃度100?500ppm):希釈液に浸すか清拭する
野菜,果物の消毒:1200?600倍(有効塩素濃度50?100ppm):希釈液に浸す
飲料水の消毒:遊離残留塩素0.1ppm以上:遊離残留塩素濃度が0.1ppm以上になるように用いる
水泳プール水の消毒:遊離残留塩素0.4?1.0ppm:遊離残留塩素濃度が0.4ppm?1.0ppmになるように用いる
トイレ,浴室の消毒:300?120倍(有効塩素濃度200?500ppm):希釈液を用いて清拭する
室内の消毒:300?120倍(有効塩素濃度200?500ppm):希釈液を用いて清拭する
(用法関連注意)

リーアルラックス10の成分分量

100g中
次亜塩素酸ナトリウム 0.1
(添加物)
なし

リーアルラックス10の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は直ちに使用を中止し,直ちに医師に相談してください。
(1)誤って飲み込んだ場合
[応急措置:直ちに口をすすぎ,無理に吐かせないでください。多量の水や牛乳,生卵などを飲ませてください。]
(2)誤って皮膚または髪に付着した場合
[応急措置:直ちに汚染された衣類を全て脱ぐか取り除いてください。そして皮膚を流水かシャワーで洗ってください。]
(3)誤って吸入した場合
[応急措置:空気の新鮮な場所に移動し,呼吸しやすい姿勢で休息してください。]
(4)誤って眼に入った場合
[応急措置:直ちに流水で15分以上洗ってください。コンタクトレンズを装着していて容易に外せる場合は外してください。]
その他の注意
■その他の注意
・定められた用法・用量を守ってください。
・万一,眼に入ったときは,すぐに流水でよく洗い流し,医師の診断を受けてください。
・皮膚についた場合は,すぐに拭き取り水又は温湯で十分に洗い流してください。
・トイレ用洗剤,塩酸,酢などの酸性物質との混合又は併用は,絶対にしないでください。
・衣服についた場合は,すぐに拭き取り水又は温湯で十分に洗い流してください。
・金属製の容器は使用しないでください。
・使用に際しては,十分に換気してください。

リーアルラックス10の保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.誤用をさけ,品質を保持するため他の容器に入れ替えないでください。
3.直射日光をさけ,冷所に保管してください。
4.使用後は必ずキャップをしてください。

リーアルラックス10が気になる人向けのコラム

ライム、リンゴ、イチゴ…かわいくても油断できない“果物”の名前がつく病気

カナダ出身の人気歌手アヴリル・ラヴィーンが、「ライム病」という病気で5ヶ月も寝たきり状態となり、インタビューで「死ぬかと思った」と告白したニュースに驚いた方は多いと思います。 この「ライム病」、ダニによって感染する細菌感染症で、今回の... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

オーガニック食品の先進国オーストラリアで見たホールフードとは

今回はいつもの韓国記事ではなく、久しぶりに訪れたオーストラリアについて書きたいと思います。近年日本でも「食の安全」が話題にのぼるようになりましたが、オーストラリアでは約30年前から「食の安全」が語られるようになり、国民の「健康に良い食材や製... 続きを読む

災害時への備えについて-職場で災害にあったら、必要な備えは?

東日本大震災から、早いものでもう3年が過ぎました。そのときの体験を教訓に、具体的・現実的な災害時への対応法が紹介されてきました。地震の活動期に入っているといわれる日本列島では、そう遠くない将来、東日本並みかそれを上回る巨大地震の発生が心配... 続きを読む

災害時用の水や食料の備蓄はどれぐらい? 非常食以外に必要なものは?

東日本大震災以来、日本では地震や火山活動が活発化しているといわれます。実際、小さいものを含めれば毎日のようにどこかで地震が起こっていますし、御嶽山や箱根山、口永良部島、浅間山、桜島など、火山活動の活発化や噴火が相次いでいます。
このよう... 続きを読む