DDVP乳剤の効能・用量・副作用など

DDVP乳剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 液剤
製造販売会社 ヤシマ産業
医薬品区分 一般用医薬品

DDVP乳剤の効能効果

ハエ成虫、ハエ幼虫(ウジ)、蚊成虫、蚊幼虫(ボウフラ)、ゴキブリ(油虫)、ノミ、ナンキンムシ、イエダニの防除。

DDVP乳剤の用法用量

目的に応じて水で希釈し、一般に害虫の生息又は発生場所に対して使用する。
ハエ・蚊成虫:通常15倍液を成虫に向けて直接噴霧する。この際、過剰な使用を避ける。
ハエ幼虫(ウジ):1m 2につき200倍液2Lを幼虫の発生場所に散布する。ゴミや堆肥の場合は、よく内部までしみ込むように400倍に希釈して散布量を2倍とする。
蚊幼虫(ボウフラ):発生場所の水量1m 3につき本剤の40mL(有効成分2ppm)を適宜水で希釈して散布する。
ゴキブリ(油虫):10倍液を潜み場所等のゴキブリに直接噴霧する。
ノミ、ナンキンムシ、イエダニ:10倍液を害虫の発生場所に噴霧する。
(用法関連注意)

DDVP乳剤の成分分量

本品100g中
ジクロルボス 0.05
(添加物)
乳化剤、溶剤

DDVP乳剤が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

発達障害とは? 症状や原因-子どもの1割弱は発達障害?

脳の発達が通常と違っているために起こる特性が発達障害。学校だと1クラスあたり2~3人の割合と身近な存在です。生まれつきの特性で「病気」とは異なり、その特性を家族や周囲がよく理解することが大切です。 症状の現れ方に個人差が大きい発達障害... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む