クイックロンプレートの効能・用量・副作用など

クイックロンプレートの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 その他
製造販売会社 バイロン
販売会社 日曹商事
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

クイックロンプレートの効能効果

ゴキブリの駆除

クイックロンプレートの用法用量

10m3の空間容積あたり本剤1枚を別添規格の蒸散殺虫機に装着し,無人であることを確認したのち,1回8時間,週に2回を限度として使用する。なお,本殺虫機に装着した本剤の有効期間は,1回8時間,週2回稼働した場合,約2ヵ月であるので,その後は新しい本剤と交換して使用する。
(用法関連注意)
専用の機械を8時間使用後,1時間は放置し,その後に十分な換気をしてから入室すること。

クイックロンプレートの成分分量

1枚(115g)中
ジクロルボス 21.39g
(添加物)
塩化ビニル樹脂,その他9成分

クイックロンプレートの使用上の注意と副作用

注意?人体に使用しないこと
■してはいけないこと
(1)本剤は本剤専用の機械(ファン付殺虫機)以外に使用しないこと。
(2)本剤はPCO関連業者専用であり,一般不特定多数者への販売はしないこと。
■相談すること
ジクロルボスを多量に吸引して中毒症状が発現した場合には,この文書を持って至急医師の手当を受けること。本剤の解毒剤としては,硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤(2-ピリジンアルドキシムメチオダイド製剤)が有効であると報告されている。
その他の注意
■その他の注意
1.使用に際して,次のことに注意すること。
(1)定められた用法及び用量を厳守すること。
(2)予めゴキブリの事前調査をし,棲息場所を把握すること。
(3)使用はPCO業務としての客先であること。
(4)ユーザー(従業員等)関係者に露出のおそれのある食品,食器類への汚染を十分説明し,これらの被覆,養生等の周知徹底を計ること。
(5)本剤の開封等の取扱いにはゴム手袋等を着用すること。
(6)本剤の使用期限は,開封し,稼働させてから約2箇月間である。
(7)専用の機械は取扱い説明書をよく読んで使用すること。
(8)専用の機械の稼働前に無人であることを確認し,愛玩動物や鑑賞魚等の生き物は機械設置室の外に出すよう周知徹底させること。
(9)専用機械の稼働前の退室時にはユーザー(従業員等)関係者に「入室禁止」の禁札を出入口に掲げるよう周知徹底させること。
2.使用中は次のことに注意すること。
(1)専用の機械の稼働中は「入室禁止」であることを周知徹底しユーザー(従業員等)関係者にこれを厳守させること。
(2)ジクロルボスを多量に吸入した場合,倦怠感,頭痛,めまい,吐き気,嘔吐,腹痛,下痢,多汗等の症状を呈し,はなはだしい場合には,縮瞳,意識混濁,全身けいれん等を起こす事がある旨周知徹底させること。
3.使用後は,次のことに注意すること。
(1)本剤開封後の包装及び使用済みの薬剤は必ず持帰り,プラスチックごみとして市区町村の処理基準に従って適正に廃棄すること。
(2)専用の機械の稼働停止後1時間は入室を避けること。入室するときは換気を十分行うよう周知徹底すること。

クイックロンプレートの保管上の注意

本剤はカギのかかる専用保管庫内に保管し,管理に十分注意すること。

クイックロンプレートが気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

アイメイクの放置で「まつ毛ダニ」が寄生!? 目元ケアの新習慣

マスカラやアイラインで目元を強調するメイクは今や定番となりましたね! アイメイク次第で顔全体の印象が変わるため、目元のメイクは特に入念に行う、という方も多いのでは? しかし、目のまわりはとてもデリケートな部位です。アイメイクをきちんと落... 続きを読む

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む