アースレッド飲食店用の効能・用量・副作用など

アースレッド飲食店用の基本情報

アースレッド飲食店用

アースレッド飲食店用

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 その他
製造販売会社 アース製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アースレッド飲食店用の効能効果

ゴキブリの駆除

アースレッド飲食店用の用法用量

ゴキブリの駆除には次の使用量をお守りください。
[(缶サイズ):ゴキブリの駆除]
10g缶:6?8畳(10?13m2)あたりに1缶
20g缶:12?16畳(20?26m2)あたりに1缶
30g缶:18?24畳(30?40m2)あたりに1缶
50g缶:30?40畳(50?65m2)あたりに1缶
アースレッド飲食店用には10g(6?8畳用),20g(12?16畳用),30g(18?24畳用),50g(30?40畳用)があります。
(用法関連注意)

アースレッド飲食店用の成分分量

成分
メトキサジアゾン 0.2
(添加物)

アースレッド飲食店用の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと(守らないと副作用・事故が起こりやすくなります)
●人体に使用しないでください。
●薬剤を吸い込まないように注意してください。特にアレルギー症状やかぶれなどを起こしやすい体質の人,病人,妊婦,子供は薬剤を吸い込んだり,触れたりしないでください。
●退出後,必ず2時間以上経過してから入室してください。換気のために入室するとき,薬剤を吸い込むと気分が悪くなったり,のど痛等を生じることがありますので,薬剤を吸い込まないようにしてください。
●使用する部屋や家屋から薬剤が漏れないように注意してください。漏れた薬剤を吸入すると前記のような症状になることがあります。
●缶をセットしたら,すみやかに部屋の外に出て,戸を閉めてください。
●缶は水に浸すとすぐに熱くなるので,直接手を触れないでください。ヤケドをする恐れがあります。
●使用後は,部屋を十分に換気してから入室してください。
■相談すること
●万一身体に異常が起きた場合は,直ちにこの文書を持って本品がオキサジアゾール系の殺虫剤であることを医師に告げて,診療を受けてください。
その他の注意
■その他の注意
●定められた使用方法・使用量を守ってください。
●皮膚,目など人体にかからないようにしてください。薬剤が皮膚についた場合は,石けんと水でよく洗ってください。また,目に入った場合は,直ちに水でよく洗い流してください。
●火災報知器が作動することがあります。火災報知器の直下では使用せず,一時的に添付の専用カバーまたはポリ袋などで覆いをして使用してください。
その際,火気の管理には十分注意し,処理後は必ず覆いを取り除いてください。
●飲食物,食器,子供のおもちゃ,飼料,美術品,仏壇仏具などに薬剤がかからないようにしてください。
●小鳥などのペット類,観賞植物は換気するまで部屋の外に出してください。また,観賞魚や観賞エビはエアーポンプを止めて完全密閉(水槽に覆いをして,ガムテープなどで密閉する)にして使用するか,換気するまで部屋の外に出してください。
●はがね製品,銅やシンチュウ製のものは変色することがあるので,覆いをするか部屋の外に出してください。
●故障の原因となるので,パソコン,ワープロ,テレビ(液晶・プラズマ),ゲーム機器,オーディオ・ビデオ製品などの精密機器にはカバーをかけ,テープ,ディスクなどは箱に収納してください。(大型コンピューターのある部屋では使用しないでください。)
●はく製,毛皮,和服(金糸,銀糸の入ったもの),衣類などは,変色したりシミになることがあるので,ポリ袋に入れるか覆いをするなどして,直接薬剤がかからないようにしてください。
●本品は,ふとんなど寝具の害虫駆除には使用しないでください。
●使用後は,小さな虫の死骸などをとり除くため軽く掃除機掛けなどを行ってください。

アースレッド飲食店用の保管上の注意

●湿気を避け,子供の手の届かない涼しいところに保管してください。
●使用後の缶は不燃物として廃棄してください。その際,缶に水をかけないでください。使用時に水を入れ忘れたり,水が不足していた場合は発熱が不十分となり,後から水をかけると蒸散する恐れがあります。

アースレッド飲食店用が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する... 続きを読む

アイメイクの放置で「まつ毛ダニ」が寄生!? 目元ケアの新習慣

マスカラやアイラインで目元を強調するメイクは今や定番となりましたね! アイメイク次第で顔全体の印象が変わるため、目元のメイクは特に入念に行う、という方も多いのでは? しかし、目のまわりはとてもデリケートな部位です。アイメイクをきちんと落... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む