スミスリンパウダーの効能・用量・副作用など

スミスリンパウダーの基本情報

スミスリンパウダー

スミスリンパウダー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 散剤
製造販売会社 大日本除虫菊
販売会社 ダンヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

スミスリンパウダーの特徴

スミスリンパウダーは,ヒトに寄生するアタマジラミ・ケジラミの駆除に優れた効果のある医薬品です。
ヒトに寄生するシラミには,アタマジラミ,ケジラミ,コロモジラミの3種類があり,皮膚から吸血して,かゆみ,湿疹などを起こします。特に保育・幼稚園児や小学生の間で集団発生するシラミはアタマジラミです。
この説明文書の【スミスリンパウダーQ&A】に記載している正しい使用法に従って,シラミを早く退治してください。

スミスリンパウダーの効能効果

シラミの駆除

スミスリンパウダーの用法用量

次の量を,シラミの寄生している部位に使用してください。
[使用方法]
1.手やくし等でシラミの潜んでいる場所に十分いきわたるようにする。
2.散布して1時間程度放置した後に水又はぬるま湯,洗髪用シャンプー等で十分洗い流す。
3.この操作を1日1回,3日に1度ずつ(2日おきに)3?4回繰り返す。
[使用する部位・場所:1回量]
頭髪:7g程度(おおよその目安は,キャップ山盛り1杯です。)
陰毛:2g程度(おおよその目安は,キャップのねじ溝の下部までです。)
下着類,寝具類,畳,床等:1m2当たり15g程度を散布する。
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守してください。
(2)本剤は頭髪又は陰毛等,目的とする局所にのみ使用し,局所以外の人体露出部には使用しないでください。
(3)使用に際して,吸い込まないように注意し,目,耳,鼻,口等に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。
(4)本剤の使用後,手やくし等は,水又はぬるま湯,石けん等で洗ってください。
(5)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(6)人体以外(下着類,寝具等)に散布した場合,本剤の使用後は,電気掃除機で吸引するか,洗濯して薬剤を取り除いてください。
(7)食品,食器,おもちゃ,観賞魚等にかからないようにしてください。
(8)本剤の使用により生きたシラミはいなくなっても,毛に固着した死んだ卵や卵のぬけがらは,本剤を使用しただけでは除去できません。気になる場合には,目の細かいすきぐし等ですいて取り除いてください。

スミスリンパウダーの成分分量

1g中
フェノトリン 4mg
(添加物)
ソルビタン脂肪酸エステル,タルク

スミスリンパウダーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の場合は使用しないでください
頭皮又は適用部位に湿疹,かぶれ,ただれ等の症状がある場合。
2.内服しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
薬や化粧品などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ
3.次の場合は直ちに医療機関を受診してください
(1)誤って本剤をのみこんだり,吸い込んだりした場合。
(2)誤って目に入り,水又はぬるま湯で洗い流した後も症状が重い場合。
4. 3?4回使用しても改善がみられない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

スミスリンパウダーの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)使用後はキャップをキッチリと閉め,直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因となったり,品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。また,使用期限内であっても,一旦開封した後は,すみやかに使用してください。
(5)使用済みの空き容器等は,自治体の取り決めに従って廃棄してください。

スミスリンパウダーが気になる人向けのコラム

入院費用を抑えるには-差額ベッド料を請求されたら確認すること

病院に入院するというとき、健康保険の適用される大部屋以外に、より快適な環境が整っているいわゆる“差額ベッド”というものがあります。個室または少人数の病室で、これにはもちろん、保険外負担となる差額ベッド料を覚悟しなければなりません。この請求... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む

子どもの学費、いくら必要?

「公立」と「私立」で変わる学費
学費には「授業料」の他にも制服や教科書代などの「教育費」や「給食費」、学校外での塾や習い事なども含まれます。その際、金額を大きく左右するのはその学校が「公立」か「私立」であるかということです。公立学校は授... 続きを読む

働くママの保育園料を支援 保育支援制度

「子ども・子育て支援新制度」とは?
「子ども・子育て支援新制度」は、政府の「社会保障と税の一体改革」の目玉の一つとして平成27年4月から新たに始まる子育て支援のための制度です。消費税率の引き上げによって財源を確保して、スタート時は700... 続きを読む

知られざるデング熱の意外な名前の由来

デング熱とは
デングウイルスをもつ蚊に吸血される際に感染し、2〜15日の潜伏期間のあと突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹などの症状が現れる。多くは1週間程度で回復するが、一部は重症化して出血やショック症状をきたすことがある。デ... 続きを読む