デビリン油剤の効能・用量・副作用など

デビリン油剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺虫薬
形状 液剤
製造販売会社 ヤシマ産業
医薬品区分 一般用医薬品

デビリン油剤の効能効果

ハエ、ウジ、蚊、ボウフラ、ノミ、南京虫、ゴキブリ、家ダニの駆除に効あり

デビリン油剤の用法用量

室内(床、畳の裏、畳の敷合せ目、部屋の天井、壁、押入れ等)、ごみ捨場、その他害虫の生息又は発生し易い場所に噴霧または煙霧する。
散布対象:1m 2当り
ハエ、蚊の集る場所:25?50mL
うじの発生場所:20?100mL
ボウフラの発生場所:5?10mL
ゴキブリの棲息場所:50mL
但し室内に噴霧する場合は、1m 2当り5mLを限度とする。
(用法関連注意)

デビリン油剤の成分分量

本品100mL中
フェニトロチオン 0.002
ジクロルボス 0.003
アレスリン 0.0003
(添加物)
N-オクチル?ジシクロヘプテン・ジカルボキシイミド、香料、1号灯油

デビリン油剤が気になる人向けのコラム

蚊が増えるこれからがキケン!今年もデング熱流行に注意が必要!

2014年、日本では約70年ぶりの国内感染例が確認され、大きな話題となったデング熱。国内感染の患者数は、昨年だけで162人にものぼり、感染源となった代々木公園や新宿御苑はしばらく閉鎖されたほどでした。 蚊を媒介に感染が広がるデング熱、... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む