ムヒの虫よけムシペールPSの効能・用量・副作用など

ムヒの虫よけムシペールPSの特徴

ムヒの虫よけムシペールPS

ムヒの虫よけムシペールPS

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 殺虫薬
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 池田模範堂
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DDVP乳剤   DDVP油剤   アースシラミとりシャンプー   アーススミラブ発泡錠   アーススミラブ発泡錠05  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ムヒの虫よけムシペールPSの効能・効果

蚊,ブユ(ブヨ),サシバエ,アブ,ナンキンムシ,ノミ,イエダニ,マダニ,ツツガムシの忌避

ムヒの虫よけムシペールPSの用法・用量

●蚊,ブユ(ブヨ),サシバエ,アブ,ナンキンムシ,ノミ,イエダニ,マダニの忌避:本剤の適量を用時,腕,足など皮ふの露出部分に噴霧する。顔面,首筋などの場合には適量を一度手のひらに噴霧してから塗布する。
●ツツガムシの忌避:本剤の適量を4~6時間毎に,皮ふの露出部分及びはきものやズボンのすそなどにむらなく噴霧する。顔面,首筋などの場合には適量を一度手のひらに噴霧してから塗布する。
(用法関連注意)
●本剤は吸血害虫に対する忌避剤であって,疾病の治療薬ではない。
●漫然とした使用をさけ,蚊,ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等,必要な場合にのみ使用すること。
●小児(12才未満)に使用する場合には,保護者等の指導監督のもとで,以下の回数を目安に使用すること。なお,顔には使用しないこと。
・6カ月未満の乳児には使用しないこと。
・6カ月以上2才未満は,1日1回。
・2才以上12才未満は,1日1~3回。
●目に入ったり,飲んだり,なめたり,吸い込んだりすることがないようにし,塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には,すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。また,具合が悪くなる等の症状が現れた場合には,直ちに,本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。
●本剤は外用にのみ使用すること。
●ツツガムシに対する忌避効果は認められているが,薬剤だけに頼らず,シャツ,ズボン,長靴などを使用し,肌を露出しないようにすること。
●シャツ,ズボンなどの衣服に噴霧する場合,繊維の種類によっては本剤により変質する場合がある。合成繊維は変質しやすいので注意すること。
●ストッキングなどの上に直接噴霧しないこと。

ムヒの虫よけムシペールPSの成分・分量

100mL中
ディート 12g
(添加物)
1,3-ブチレングリコール,二酸化ケイ素,ポリソルベート60,エタノール,香料,LPG

ムヒの虫よけムシペールPSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないこと
創傷面,目の周囲,粘膜等
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ等

ムヒの虫よけムシペールPSの保管上の注意

●直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
●小児の手のとどかない所に保管すること。
●缶のさびを防ぐため,水廻りや湿気の多い場所に置かないこと。
●次の物には付着させないこと。(変質する場合がある。)
食物,食器,玩具,床や家具などの塗装面,メガネ,時計,アクセサリー類,プラスチック類,化繊製品,皮革製品,マニキュア等。
●捨てる時は,火気のない屋外で噴射音が消えるまでガスを抜くこと。
●使用期限は缶底面に記載。