諸毒消丸の効能・用量・副作用など

諸毒消丸の特徴

諸毒消丸は五種の和漢生薬を調合し,金粒丸薬とした健胃強心薬で,下痢・消化不良等胃腸の調子が悪いときや息切れ・めまいがして気分のすぐれないとき服用しますと効果があります。また,消化機能を促進し,血行を盛んにしますので,慢性的症状の方にも,すぐれた効き目を現わします。なお,本品は作用のおだやかな生薬のみを使用していますので,お子様にも安心して御使用いただけます。
御家庭の常備薬に,海外旅行など外出時の携行薬に,諸毒消丸をお備え下さい。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬
形状 錠剤 
製造会社 吉田松花堂
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品



諸毒消丸の効能・効果

動悸・息切れ。気付け(めまい・立ちくらみ等に)。下痢・消化不良・胃腸虚弱。小児五疳・夜なき・ひきつけ

諸毒消丸の用法・用量

定められた用法・用量を守って御使用下さい。
[年齢:1回用量:1日回数]
成人(15才以上):10粒:3回
8才以上15才未満:5粒:3回
4才以上8才未満:3粒:3回
2才以上4才未満:2粒:3回
生後6か月以上2才未満:1粒:3回
生後6か月未満:服用させないこと
水またはお湯で服用してください。食前・食間の服用が効果的です。乳幼児には,くだくか,お湯にといて服用させて下さい。
(用法関連注意)

諸毒消丸の成分・分量

30丸中
ゴオウ 11.25mg
アセンヤク末 492.19mg
カンゾウ末 239.06mg
チョウジ末 210.94mg
リュウノウ 140.63mg
(添加物)
d?ボルネオール(リュウノウ)

諸毒消丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
2.本剤を1週間以上服用しても症状の改善がみられない場合は使用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談して下さい。

諸毒消丸の保管上の注意

1.直射日光を避け,湿気の少ないところに保管して下さい。
2.冷蔵庫等には入れず,常温で保管して下さい。
3.小児の手の届かないところに保管して下さい。
4.有効期限は,外袋 裏面をごらん下さい。