瑞星カプセルの効能・用量・副作用など

瑞星カプセルの特徴

経験と実験から生まれた東洋医学は四千年もの伝統をもち,本邦に伝承されてからでも二千年という長年月を経て発達してきたものです。しかも西洋医学の効果の及ばない場合にも独特の効きめを示すことがあります。
瑞星はこのような経験をもとにして,現在稀少な動植物性生薬等数種を選んで配合したものです。
瑞星を適正に用いることにより,心臓病,胃腸病等に対して効果が現われます。
又,瑞星は和漢の生薬製剤であるため,作用に激烈なものがなく体内に蓄積することもないので,瑞星は御家庭の常備薬として適していると申せます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 山村寿芳堂(山村邦允)
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アポセーフ錠   いけだや六神丸   ウチダの牛黄   カイキョー100   クミアイ六神丸  



瑞星カプセルの効能・効果

動悸,息切れ,気付け,下痢,消化不良,胃腸衰弱

瑞星カプセルの用法・用量

成人1回1個宛
1日3回 食間に服用
(用法関連注意)

瑞星カプセルの成分・分量

3カプセル中
ゴオウ 20mg
ニンジン 200mg
牛胆 90mg
ジンコウ 90mg
リュウノウ 60mg
(添加物)
黄色4号(タートラジン)

瑞星カプセルの使用上の注意と副作用

その他の注意
●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
又,乳児に服用させる場合には,のどにつかえることのないよう,ご注意下さい。
●湿気,直射日光をさけ,小児の手の届かない所で,室温保存して下さい。

瑞星カプセルの保管上の注意