聖恵感応丸の効能・用量・副作用など

聖恵感応丸の特徴

感応丸とよばれるものは,今を去る約300年前に創製されたといわれており,萬病に効く薬として,道中の携帯薬として用いられていた。その当時は,それぞれの成分を粉にしたものを紙に包み携帯していたため,途中で破れたりして不便であった。その後,携帯に便利でしかもこわれないという事で扁平の半月形の錠剤にして用いられ今日に至り,多くの人に愛用されてきた。
しかし一回に一個の半月形を服用することは、半月形の直径が約20mmと大きく,又角があるため服用しにくいという欠点があった。これらの欠点を解決するため,扁平の円形の錠剤とし,角をなくし,しかも一回に3粒の服用とし,服用しやすく,そのため用量の調整も容易になった。新しい時代にあった成分も配合したすぐれた感応丸が聖恵感応丸である。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の循環器・血液用薬
形状 錠剤 
製造会社 昭和化学工業
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アクネザールT   エパアルテ   エフロフェンQ   カゴソウ「松浦」   キササゲ「松浦」  



聖恵感応丸の効能・効果

動悸,息切れ,気付け,小児五疳,夜なき,ひきつけ,下痢,消化不良,胃腸虚弱

聖恵感応丸の用法・用量

15歳以上:1回3錠1日2回朝夕食後服用
11歳以上15歳未満:1回2錠1日2回朝夕食後服用
8歳以上11歳未満:1回1錠1日3回毎食後服用
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもとに服用させること。

聖恵感応丸の成分・分量

6錠中
ジンコウ末 100mg
リタン 10mg
レイヨウカク末 10mg
リュウノウ 30mg
サフラン 3mg
シンジュ末 12mg
ゴオウ 2mg
ニンジン 250mg
(添加物)
銀箔,寒梅粉,精製セラック,バレイショデンプン

聖恵感応丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
1.本剤を服用している間は、他の強心薬を服用しないこと
■相談すること
1.次の人は,服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.5~6日間(小児五疳、消化不良、食欲不振については、1カ月間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

聖恵感応丸の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管すること
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないこと。