仙丹の効能・用量・副作用など

仙丹の特徴

「仙丹」は本舗の研究に基づき調合した薬剤で,その配合は和漢の処方を参照して謹製いたしました。
即ち本剤に配合する原料は和漢を通じて,優良なるものを集め,充分な製造管理の下に発売するものであります。
どうか「仙丹」の有効なことを実際にお試し下さいますようお願いいたします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 錠剤 
製造会社 亀田利三郎薬舗
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アポセーフ錠   いけだや六神丸   ウチダの牛黄   カイキョー100   クミアイ六神丸  



仙丹の効能・効果

胃腸カタル,腹痛,気付け,めまい,息切れ

仙丹の用法・用量

大人(15才以上)1回1粒を夜寝る前に服用する。
(用法関連注意)
◎定められた用法・用量を厳守して下さい。
◎かまずに服用して下さい。
(なるべくヌルマ湯にとかして服用して下さい。)
◎小児(15歳未満)には服用させないで下さい。

仙丹の成分・分量

1丸(28.5mg)中
ゴオウ 2mg
ユウタン 2.1mg
センソ 2mg
アセンヤク 3.5mg
ニンジン 5.5mg
薬用炭 1.8mg
ジャコウ 1.4mg
リュウノウ 0.8mg
シンジュ 3.4mg
(添加物)
コメデンプン,セキショウシ,タルク

仙丹の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
◎本薬を服用している間は,次の医薬品を服用しないで下さい。
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
消化器:悪心・嘔吐
(2)5〜6日間服用しても症状がよくならない場合。

仙丹の保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)誤用をさけ,品質保持のため,他の容器に入れかえないで下さい。