虔脩本方六神丸Sの効能・用量・副作用など

虔脩本方六神丸Sの基本情報

虔脩本方六神丸S

虔脩本方六神丸S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 その他
製造販売会社 廣貫堂
販売会社 日本薬剤
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

虔脩本方六神丸Sの特徴

〔(株)廣貫堂より〕
虔脩本方六神丸Sは,強心作用のあるセンソや,ゴオウ,ニンジン,ジンコウなどの生薬を配合した強心薬で動悸,息切れ,気付けに効果をあらわします。
〔クラシエ薬品(株)より〕
精神的疲労や肉体的疲労が重なると心臓に過度の負担をかけることになり,動悸や息切れ,めまい等の症状があらわれるとともに,他の臓器へも悪い影響を与えることがあります。
したがって,過労にならないように予防することが最も大切ですが,心臓に異常を感じたら早期に治療することが肝要です。
ゴオウ,センソ,ジンコウ,ガジュツ,ニンジン,ユウタンのほか,カンゾウ,オウレンエキス,ロクジョウを配合した強心薬で,動悸,息切れ,気付けにすぐれた効果をあらわします。

虔脩本方六神丸Sの効能効果

動悸,息切れ,気付け

虔脩本方六神丸Sの用法用量

次の量を,水又は白湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2粒:2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)かまずに服用してください。

虔脩本方六神丸Sの成分分量

1日量(4粒)中
ゴオウ 2.0mg
センソ 4.0mg
ジンコウ 4.0mg
ガジュツ 3.6mg
ニンジン 4.4mg
ユウタン 0.4mg
カンゾウ 1.6mg
オウレンエキス 0.6mg (オウレン 4.28mg)
ロクジョウ 1.0mg
(添加物)
サリチル酸,寒梅粉,炭酸Ca,薬用炭,l-メントール,香料

虔脩本方六神丸Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります〕
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

虔脩本方六神丸Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に(密栓して)保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

虔脩本方六神丸Sに効果効能が似た薬

虔脩本方六神丸Sが気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

髪の毛をキレイに保つ秘訣とは? 食事管理とストレス対策が肝心

「ブラッシングやシャンプーのたびに髪がごそっと抜ける」「鏡に向かうと、なんとなく頭皮がすけて見える」―そんなことがありませんか?
実は、最近こういう悩みをもつ女性が増えているんです。しかも、30歳代なのに…。
人間の毛髪は全部で約10... 続きを読む

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったこと... 続きを読む

不整脈ってどんな症状? 危険な不整脈、不整脈の治療とは?

心臓は休むことなく収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させるポンプの働きをしています。心臓の筋肉(心筋)が収縮して血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れるという運動が、規則正しく一定のリズムでくり返されているのです。この... 続きを読む