コレステランの効能・用量・副作用など

コレステランの特徴

コレステランは…
●血液中のコレステロール値を低下させ,血清高コレステロールの改善に効果をあらわします。
血液中のコレステロールは,体の細胞やホルモンを作るのになくてはならない大切な成分ですが,血液中に多すぎると血管の壁にたまります。
●配合されている酪酸(らくさん)リボフラビンが,血清高コレステロールの改善に効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 動脈硬化用薬(リノール酸,レシチン主薬製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 タキザワ漢方廠
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC フクイゲン   エサヘパンS   エパシオン   クミアイコレステム   コレスゲン  



コレステランの効能・効果

血清高コレステロールの改善

コレステランの用法・用量

次の1回量を,1日2回服用します。
[年齢:1回量]
15歳以上:1カプセル
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
※用法・用量を厳守してください。

コレステランの成分・分量

2カプセル中
酪酸リボフラビン 60mg
(添加物)
ゼラチン,サラシミツロウ,エチルパラベン,プロピルパラベン,中鎖脂肪酸トリグリセリド,グリセリン脂肪酸エステル,黄色5号,濃グリセリン,酸化チタン

コレステランの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,悪心・嘔吐
(2)1ヵ月位服用してもコレステロール値の改善がみられない場合(1ヵ月ほど服用した後,医療機関でコレステロール値の測定をしてください。)
3.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
下痢

コレステランの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)カプセル剤は,湿気の影響を受けやすいので,濡れた手などで触れたカプセルを容器に戻したりしないよう注意してください。
(5)期限を過ぎた製品は,服用しないでください。