ラングロンの効能・用量・副作用など

ラングロンの基本情報

ラングロン

ラングロン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 動脈硬化用薬(リノール酸,レシチン主薬製剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラングロンの特徴

●血液中のコレステロール値を低下させ,血清高コレステロールの改善に効果をあらわします。
血液中のコレステロールは,体の細胞やホルモンを作るのになくてはならない大切な要素ですが,血液中に多すぎると血管の壁にたまり,動脈硬化の原因になります。
●リボフラビン酪酸エステルは,コレステロールが体内で作られるのを防ぎ,また,作られたコレステロールを体外へ排出する働きがあり,血清高コレステロールの改善に効果をあらわします。
●リボフラビン酪酸エステルを植物油に溶かした,赤紫色のソフトカプセルです。

ラングロンの効能効果

血清高コレステロールの改善

ラングロンの用法用量

下記の1回服用量を1日2回服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)血清高コレステロールの改善には食餌療法が大切ですから,本剤を服用しても食餌療法を行なってください。

ラングロンの成分分量

2カプセル中
リボフラビン酪酸エステル 60mg
(添加物)
中鎖脂肪酸トリグリセリド,d-δ-トコフェロール,ゼラチン,グリセリン,D-ソルビトール,パラベン,酸化チタン,赤色106号,黄色5号

ラングロンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,胃部不快感,胸やけ
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ラングロンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。
(5)カプセル剤は,吸湿しやすいので,ぬれた手などで触れないように注意してください。

ラングロンが気になる人向けのコラム

低すぎてもNG!女性の【コレステロール値】正しい見方

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。 また、コレ... 続きを読む

植物ステロール

「植物ステロール」と聞いて、コレステロールと似ている、と思った人も多いのでは?名前だけでなく、植物ステロールは、コレステロールととても似た構造をしています。 「『植物ステロール』は、植物の細胞を構成する成分のひとつ。これに対し動物由来のも... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む

動脈硬化の予防にはコレステロール値を下げるのがポイント

狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血・脳梗塞などの脳卒中、これら循環器の病気が日本人の死亡原因の30%近くを占めています。循環器の病気の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化は、血管に余分なコレステロールなどがたまり、血管が狭くなったり弾力性が... 続きを読む

健康診断で尿たんぱくが指摘されたら-腎臓を健康に保つポイント

原因となる病気にかかわらず、腎機能が慢性的に低下する状態を慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と言いますが、そのほとんどは進行するまで自覚症状が乏しく、気づいたときには失った腎機能を元に戻すことができないこ... 続きを読む