セルペロイシン錠の効能・用量・副作用など

セルペロイシン錠の基本情報

セルペロイシン錠

セルペロイシン錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の循環器・血液用薬
形状 錠剤
製造販売会社 米田薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

セルペロイシン錠の特徴

セルペロイシン錠は,ローウォルフィアセルペンチナ総アルカロイド等による降圧作用とコンドロイチン硫酸ナトリウム,アスコルビン酸等による動脈硬化の予防作用等がある薬です。
高血圧症の緩和と動脈硬化の予防,血管補強による出血予防に効果をあらわします。

セルペロイシン錠の効能効果

●本態性および腎性高血圧症
●心臓機能障害あるいは大脳血行障害を伴う高血圧症
●高血圧随伴症
●動脈硬化の治療および予防
●脳溢血・血管脆弱による出血予防

セルペロイシン錠の用法用量

次の1回量を朝夕,白湯又は水にて服用してください。
[服用目的:1回量:服用回数]
諸種高血圧症の治療:2錠:1日2回
血圧降下後又は予防:1錠:1日2回
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)15才未満の小児は服用しないでください。

セルペロイシン錠の成分分量

2錠中
ローウォルフィアセルペンチナ総アルカロイド 2mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 100mg
タウリン 50mg
イノシトール 20mg
重酒石酸コリン 25mg
アミノフィリン水和物 10mg
ルチン水和物 60mg
DL-メチオニン 20mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 50mg
(添加物)
赤色102号,バレイショデンプン,タルク,炭酸カルシウム,ゼラチン,サラシミツロウ,ステアリン酸マグネシウム,白糖,リン酸水素カルシウム水和物,酸化チタン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),アラビアゴム,カルナウバロウ

セルペロイシン錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります]
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
消化性潰瘍,てんかん,腎不全,気管支ぜんそく
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃腸出血
精神神経系:頭痛,不眠,早朝覚醒,意識の低下,けいれん
循環器:動悸
呼吸器:呼吸が荒い
その他:悲感気分,貧血,からだがだるい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
横紋筋融解症:手足・肩・腰等の筋肉が痛む,手足がしびれる,力が入らない,こわばる,全身がだるい,赤褐色尿等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください

セルペロイシン錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄にビンを開封した日付を記入しておいてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。

セルペロイシン錠に効果効能が似た薬

セルペロイシン錠が気になる人向けのコラム

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

狭心症・心筋梗塞の原因は? 予防のための11個のポイント

日本人の死亡原因の第2位は心臓病。なかでも多いのが狭心症と心筋梗塞です。中高年に多い病気ですが、最近は若い人にも増えています。
狭心症は、心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈が狭くなって血液が十分に流れなくなり、急に胸が圧迫されるような... 続きを読む

高血圧を放置するとどうなるの?-脳・心臓・腎臓の病気

アメリカでは高血圧のことを「サイレントキラー」と呼ぶそうです。「静かなる殺人者」とは、ずいぶん怖いネーミングですね。でも実際、高血圧であっても痛みや体調不良というようなはっきりと自覚できる症状はほとんどありません。そのため治療もせずに放っ... 続きを読む

心の病気の診断を補助する光トポグラフィー その検査方法とは?

体の病気の診断は、血液検査などの「客観的な」根拠に基づいて行われます。これに対して、これまでうつ病などの心の病気は、医師の問診によって得られた患者さんの言動・症状を診断基準に当てはめたり、医師のそれまでの診療経験に照らして診断するほかなく... 続きを読む

血行を改善する手もみダイエット

手もみ
手もみダイエットは、手をもむだけの簡単ダイエットです。
手をもむと手が温まりますよね。
血行が促進されている証拠なのですが、この手の血流が良くなると、全身の血流も良くなります。
手だけでなく、頭や足まで行き渡り、体を温め代... 続きを読む