ヒポレスの効能・用量・副作用など

ヒポレスの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の循環器・血液用薬
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヒポレスの効能効果

高血圧症(軽症)、高血圧の随伴症状(不眠、肩こり、耳なり、めまい、動悸、頭痛)

ヒポレスの用法用量

次の量を朝夕に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人(15歳以上):2g(添付のサジ1杯):1包:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

ヒポレスの成分分量

4g又は2包中
エキス 1.14g (ケツメイシ2.86g・センキュウ0.57g・シャクナゲヨウ2.29g)
カノコソウ末 1.14g
カイカ末 1.72g
(添加物)
なし

ヒポレスの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)次の医薬品を服用している人。
血圧降下剤
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便、下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ヒポレスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

ヒポレスが気になる人向けのコラム

不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響
睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。


睡眠不足や睡眠... 続きを読む

夏の寝不足の原因は暮らしの中にある? 不眠を防ぐ5つのコツ

眠れない人が増える夏。暑さだけではなく生活習慣にも原因があるかもしれません。 夏は寝つけない、眠れない、途中で起きてしまうなどの不眠になりがち。暑さだけでなく夏の生活習慣にも注意。 眠れない、寝付けない、寝ても途中で起きてしまうなどの... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む