ユビテンSの効能・用量・副作用など

ユビテンSの特徴

ユビテンSの主成分ユビデカレノンは,からだの中にもともと存在する補酵素のひとつで,栄養素からエネルギーをつくる時にビタミンB群とともに働きます。
ユビデカレノンが減少すると,たくさんのエネルギーを必要とする心筋でのエネルギーが不足して,心臓のポンプ力が低下します。
ユビテンSは,低下した心筋のエネルギー産生を高めて,血液の送り出しをよくし,「動悸,息切れ,むくみ」を緩和します。

ユビテンS

ユビテンS

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の循環器・血液用薬
形状 錠剤 
製造会社 エーザイ
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アクネザールT   エパアルテ   エフロフェンQ   カゴソウ「松浦」   キササゲ「松浦」  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ユビテンSの効能・効果

軽度な心疾患により,日常生活の身体活動を少し越えた時に起こる次の症状の緩和:動悸,息切れ,むくみ

ユビテンSの用法・用量

次の量を食後に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1日3回
小児(15歳未満):服用しないこと
(用法関連注意)
[成分に関連する注意]
本剤の服用により,尿が黄色くなることがありますが,これは本剤に含まれているビタミンB2が吸収され,その一部が尿中に排泄されるためで心配はありません。

ユビテンSの成分・分量

3錠中
ユビデカレノン 30mg
ニコチン酸アミド 20mg
リボフラビン 6mg
酢酸d-α-トコフェロール 10mg
(添加物)
タルク,炭酸カルシウム,トウモロコシデンプン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,カルナウバロウ,酸化チタン,三二酸化鉄,ステアリン酸,セラック,二酸化ケイ素,白糖,プルラン,ポビドン,マクロゴール,無水ケイ酸

ユビテンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる]
1.次の人は服用しないでください。
15歳未満の小児
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の強心薬等
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療又は指示を受けている人
(2)心臓の病気で医師の治療又は指示を受けている人
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.高血圧症,呼吸器の病気,腎臓の病気,甲状腺の病気,貧血などによっても,「動悸,息切れ,むくみ」等の症状が起こることがありますので,これらの持病のある人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
3.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・かゆみ
消化器:胃部不快感,食欲不振,吐き気
4.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
5.本剤の服用により,症状が消失した場合には,いったん服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
6.本剤を服用して,症状が服用前より悪くなった場合(動悸やむくみが生じた場合等)は,服用を中止して,医師に相談してください。

ユビテンSの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。また,本容器内に他の薬剤等を入れないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
5.容器内に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
6.使用期限内であっても一度容器のキャップを開けた後は,品質保持の点から6ヵ月以内に使用してください。箱の内ブタの「開封年月日」欄に,開封日を記入してください。