アルペンFこどもせきどめシロップの効能・用量・副作用など

アルペンFこどもせきどめシロップの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アルペンFこどもせきどめシロップの特徴

●飲みやすいピーチ味ですので,お薬が嫌いなお子さまも嫌がらずに飲んでくれます。
●せきをしずめる南天実エキスとキキョウ流エキスを配合しています。
●ノンカフェインで眠りを妨げません。
●お子さまが簡単に開けられないよう安全キャップを採用しています。
●使いやすいプラスチック容器です。シロップの出すぎや液だれがありません。

アルペンFこどもせきどめシロップの効能効果

せき,たん

アルペンFこどもせきどめシロップの用法用量

1日3回毎食後及び必要な場合には就寝前に服用してください。場合により4時間の間隔をおいて,1日に6回まで服用することができます。服用させる場合には添付されている計量カップをご使用ください。
[年齢:1回量]
5才以上8才未満(5?7才):8mL
3才以上5才未満(3?4才):6mL
1才以上3才未満(1?2才):5mL
3ヵ月以上1才未満(3?11ヵ月):3mL
3ヵ月未満(0?2ヵ月)の乳児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)2歳未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

アルペンFこどもせきどめシロップの成分分量

48mL中
ジヒドロコデインリン酸塩 8mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 20mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 72mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 24mg
ナンテンジツエキス 145.45mg (原生薬換算800mg)
キキョウ流エキス 0.16mL (原生薬換算160mg)
(添加物)
パラベン,エタノール,クエン酸,クエン酸ナトリウム,白糖,香料,バニリン,プロピレングリコール

アルペンFこどもせきどめシロップの使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,せきどめ薬として定められた一般的な注意事項を記載しております。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬),鎮静薬
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
4.過量服用・長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(7)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
その他:排尿困難
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
便秘,口のかわき

アルペンFこどもせきどめシロップの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.使用期限が過ぎた商品は,服用しないでください。
(使用期限は箱の底面と容器のラベルに記載しています。)
5.計量カップは,使用後水洗いなどして清潔に保管してください。

アルペンFこどもせきどめシロップが気になる人向けのコラム

寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす方法-心地よく眠る5つのコツ

寝苦しい熱帯夜。睡眠が充分とれないために疲労が回復されず、夏バテしてしまった方も多いのでは?
ところで、熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。最近、都市部では、ヒートアイランド現象によって、熱帯夜が増加しているともいわれて... 続きを読む

寝付けない・何度も眼が覚める-眠りが浅いのは体の冷えのせい?

寒い時期は、体が冷えてなかなか寝つけない、朝の目覚めが悪いという人が多くなりますが、毎晩ぐっすり眠れていますか?
睡眠不足や眠りが浅い状態が続くと、体調を崩したりかぜをひきやすくなるといった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ス... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

10cm!?」着るだけダイエット

コルセット
現在人気急上昇中のコルセットダイエットとは、自分のウエストよりも10cmほど細いコルセットを1日数時間装着するだけでダイエット効果を得ることのできる減量法です。もちろん着るだけですから特別なテクニックは一切必要ありません。で... 続きを読む

寝だめは効果なし! 理想は6時間睡眠-ぐっすり眠る3つのコツ

暑くて寝苦しい日が続くと、お肌にも影響が出てきます。美容と健康にとって睡眠が重要なのはわかっているけれど、毎日質、量ともに十分な睡眠をとることはなかなか難しく、気がついたら肌が脂っぽい、粉をふいてきた、ニキビができた、という緊急事態になっ... 続きを読む