ジージーコデイン液の効能・用量・副作用など

ジージーコデイン液の基本情報

ジージーコデイン液

ジージーコデイン液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ジージーコデイン液の特徴

せきは,気道の表面にいろいろな刺激が加わることによって起こり,ただ苦しいばかりでなく,安眠を妨げて体力を消耗させ,全身を衰弱させるために,病気の治りをおくらせたり,こじらせたりします.
たんは,しばしばせきと共に発現する不快な症状で,せきをひどくしますので,せきとたんは同時に抑えるのが理想的です.
「ジージーコデイン液」は,苦しいせきをすみやかにしずめる成分と,不快なたんを排出しやすくする成分を組み合わせた,鎮咳去痰薬です.

ジージーコデイン液の効能効果

せき,たん

ジージーコデイン液の用法用量

添付の目盛り付きコップで次の1回量をはかり,いずれも1日4回毎食後及び就寝前に服用してください
なお,場合により1日6回まで服用しても差し支えありませんが,この場合は服用間隔を約4時間以上おいてください
[年齢:1回量]
成人(15才以上):10mL
11才以上15才未満:6.5mL
8才以上11才未満:5mL
5才以上8才未満:3mL
3才以上5才未満:2.5mL
1才以上3才未満:2mL
3ヵ月以上1才未満:1mL
3ヵ月未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください
(3)2才未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください
(4)目盛り付きコップはご使用のつど,水洗いして常に清潔に保管してください

ジージーコデイン液の成分分量

60mL中
グアイフェネシン 200mg
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 70mg
カンゾウエキス 400mg (甘草1.2g)
セネガ流エキス 3mL (セネガ3.0g)
(添加物)
パラベン,プロピレングリコール,エタノール,香料,水アメ,白糖,カラメル

ジージーコデイン液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがある)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
4.過量服用・長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
高熱,むくみ
(6)次の診断を受けた人
心臓病,高血圧,糖尿病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります.その場合は直ちに医師の診療を受けてください
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録版販売者に相談してください
便秘,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ジージーコデイン液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください

ジージーコデイン液が気になる人向けのコラム

冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
体の冷え以外の症状がつらくて病院で診... 続きを読む

和食は糖尿病やメタボも予防になる!「一汁三菜」の心得


11月14日は国連が定めた「世界糖尿病デー」です。日本でもこの日をはさんで9~15日の1週間を「全国糖尿病週間」として、糖尿病へのさまざまな啓蒙行事が全国で繰り広げられます。糖尿病対策の活動がこんなに世界規模で行われるのは、いま世界中の... 続きを読む

筋トレでダイエットできる理由とは?!

筋トレ
筋トレと聞くとマッチョな男性を想像しがちですが、これがダイエットに効果的であることをご存知でしょうか。
例えば平均的な筋トレを10分行った場合、消費カロリーは70キロカロリーほどです。もし、忙しい人なら有酸素運動で脂肪を燃やす... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

サンディエゴで見た「欲望と運動のすてきな関係」

カリフォルニア州の中でも、抜群の天候と、自然豊かな環境に恵まれたサンディエゴ。雑誌で「全米で唯一パーフェクトな天候を持つ街」や「住みたい街ナンバー1」に選ばれたこともあるほど人気の街です。 そんなサンディエゴに住む人は、プライベートを充実... 続きを読む