スルーロンせきどめ錠の効能・用量・副作用など

スルーロンせきどめ錠の基本情報

スルーロンせきどめ錠

スルーロンせきどめ錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

スルーロンせきどめ錠の特徴

スルーロンせきどめ錠は,高い鎮咳作用を有するジヒドロコデインリン酸塩,ノスカピン,気道分泌を促進させて痰を切りやすくするグアヤコールスルホン酸カリウムを配合した鎮咳去痰薬です。

スルーロンせきどめ錠の効能効果

せき,たん

スルーロンせきどめ錠の用法用量

次の量を食後に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:3回
8歳以上15歳未満:2錠:3回
5歳以上8歳未満:1錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

スルーロンせきどめ錠の成分分量

12錠中
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
ノスカピン 60mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 270mg
(添加物)
乳糖,セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,タルク

スルーロンせきどめ錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないで下さい
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい
(眠気等があらわれることがあります。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい
4.過量服用・長期連用しないで下さい
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱
(6)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,糖尿病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
便秘,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

スルーロンせきどめ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)びんの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いて下さい。
(5)びんの中の「紙包み」は乾燥剤です。取り出したり,開けたり,食べたりしないで下さい。
(6)ぬれた手等で触れた錠剤はびんに戻さないで下さい。
(変色等の原因となり,品質が変わることがあります。)
(7)箱の内蓋の「開封年月日」欄に,開封日を記入して下さい。
(8)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持のため,6ヵ月以内に服用して下さい。

スルーロンせきどめ錠が気になる人向けのコラム

食べるだけでもカロリー消費するめダイエット

するめ
するめダイエットは、お腹が空いたらするめをかじるというダイエット方法です。
するめは細かく切り裂いたものを少しづつ食べると、カロリーが気になりません。
仮に裂いたものを10グラム食べても、30kcal程度になります。
する... 続きを読む

睡眠不足は仕事に悪影響-働く世代の快眠10か条

ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。
また、1日の睡眠時間... 続きを読む

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケースも実際は高血圧と呼ぶべきなのに、医療機関での測定ではまるで正常血圧という“仮面”をかぶっているようにみえることから、... 続きを読む

乳がんを予防するには-生活習慣をあらためるだけでも効果アリ

10月は乳がん月間です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、2011年に日本で新たに乳がんと診断された女性は約72,500人、生涯で乳がんにかかるリスクは12人に1人と高く、現在日本人女性がかかるがんで最も... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む