トキワ南天喉飴の効能・用量・副作用など

トキワ南天喉飴の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 常盤薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

トキワ南天喉飴の特徴

「トキワ南天喉飴」は古くからせきやのどのあれなどに効果のある煎じ薬として用いられていた「南天」の実を有効成分とした,黒糖シナモン風味のドロップタイプのせき止め薬です。つらいせき,のどの痛みに効果をあらわします。

トキワ南天喉飴の効能効果

せき,のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

トキワ南天喉飴の用法用量

食間に服用してください。1回量を1錠ずつ口中に含み,かまずにゆっくり溶かしてください。なお,1回分を服用後は,2時間以上の間隔をおいて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
8才以上15才未満:2錠:3回
5才以上8才未満:1錠:3回
5才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

トキワ南天喉飴の成分分量

9錠中
南天実乾燥エキス 500mg
(添加物)
黒砂糖,白糖,水アメ,l-メントール,アラビアゴム,カラメル,タルク,カルナウバロウ,赤色3号,青色1号,黄色5号,香料

トキワ南天喉飴の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬など)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
高熱
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

トキワ南天喉飴の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)品質を保持するため,開封後はフタをしめてください。
(4)期限を過ぎた製品は服用しないでください。(使用期限は缶の側面に記載)

トキワ南天喉飴に効果効能が似た薬

トキワ南天喉飴が気になる人向けのコラム

甲状腺がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」の下に、蝶が羽を広げたような形で気管を取り囲むように位置する10~20gほどの小さな臓器です。甲状腺の働きは、主に食べ物から取り込んだ「ヨード(ヨウ素)」を材料に甲状腺ホルモンを合成し、血液中に分泌すること... 続きを読む

さつまいものアレンジレシピ-ドライカレー、さつまいもとりんごのサラダ

天高く馬肥ゆる秋、涼しさが増すとともに、自然と食欲も増してきます。味覚の秋といえば鮭にさんまに松茸をはじめとしたきのこ類、栗、ぶどうと盛りだくさんですね。その中で、さつまいもはちょっと地味な存在ながら栄養価は抜群!
和・洋・中華、主食から... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

夏に塩分を多めに摂るのはからだに悪い? 多めに摂るべきタイミングは?

夏になると「塩飴」や「塩タブレット」など塩関連の商品が、コンビニやスーパーの棚に並んでいます。汗をかくと塩化ナトリウムが失われるとされていますが、夏にはいつもよりも塩分を摂取する必要があるのでしょうか。 塩分の補給が必要なのは大量の汗... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む