潤肺糖漿の効能・用量・副作用など

潤肺糖漿の特徴

「潤肺糖漿」は、清の時代の鄭梅澗著「重楼玉鑰」巻上(1817年)に養陰清肺湯として記されたものを原典とするお薬です。養陰清肺湯は、後に改良が加えられ、多用される処方の一つとして1963年版より中華人民共和国薬典に収載されています。

潤肺糖漿

潤肺糖漿

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の漢方製剤
形状 液剤 
製造会社 松浦薬業
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方 抑肝散加芍薬黄連錠   「クラシエ」療方回陽救逆エキス顆粒A   「モリ」シンニョウ錠   「モリ」ゼンチー錠   「モリ」ちくのう錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



潤肺糖漿の効能・効果

のどの痛み、せき

潤肺糖漿の用法・用量

次の量を1日2回、水でうすめて服用して下さい。(添付計量カップ使用)
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
大人(15才以上):10mL:2回
15才未満:5mL:2回
(用法関連注意)
(1)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないで下さい。なお、生後3ヵ月以上であっても2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)定められた用法・用量を厳守してください。水でうすめる目安は、2~5倍程度です。

潤肺糖漿の成分・分量

本品1日量(20mL)中
生薬混合エキス 3.4g (ジオウ1.67g、ボタンピ・シャクヤク各0.67g、カンゾウ0.33g、バクモンドウ1.0g、ハッカ0.42g、ゲンジン1.33g)
バイモエキス 0.17g (バイモ0.67g)
(添加物)
単シロップ、安息香酸Na、パラベン、エタノール、香料

潤肺糖漿の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部圧迫感
精神神経系:めまい
3.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

潤肺糖漿の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない、なるべく涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わる。)
(4)本剤は生薬製剤のため、まれに沈殿を生ずる場合がありますが、薬効には変わりありません。よく振ってから服用してください。
(5)服用のつど、瓶の口をよく拭いてからキャップをしめてください。
(6)添付の計量カップは、服用のつど、水洗いなどして常に清潔に保管してください。
(7)使用期限内に服用してください。また、使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)本剤の甘味成分がキャップに付着して開かないことがあります。この様な場合は、キャップ部を約40℃の温湯にしばらく浸してから開けてください。