赤本印カンゾウの効能・用量・副作用など

赤本印カンゾウの特徴

◆甘草は,味が甘く煎じてのみやすい生薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮咳去痰薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 築田三樹園社
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 JAクミアイせき止め錠   NIDせき止め液 1回量飲みきりタイプ   Piせき止め液   アイロミンシロップ   アイロミン液  



赤本印カンゾウの効能・効果

激しいせき,咽喉痛の緩解

赤本印カンゾウの用法・用量

大人(15歳以上)は1日量5gを,水約600mLをもって約400mLに煮つめ,かすをこして取り去り,食前又は食間3回に分服する。
■食間とは…
食後2~3時間を指します。
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。
15歳未満は服用しないで下さい。

赤本印カンゾウの成分・分量

1日量5g中日局カンゾウ5g
カンゾウ 5g
(添加物)
なし

赤本印カンゾウの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと。
グリチルリチン酸等を含有する内服薬(肝疾患用剤,抗ヒスタミン剤,胃腸薬,鎮咳去痰薬)
2.長期連用しないこと。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)血圧の高い人又は高齢者
(2)心臓又は腎臓に障害のある人
(3)むくみのある人
(4)医師の治療を受けている人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文章をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
3.5~6日間位服用しても症状の改善がみられない場合はこの文章を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

赤本印カンゾウの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないで下さい。
(4)本品は,天然物の性質上吸湿してカビが生えたり,虫がつくこともありますので,保管には充分ご注意下さい。
(5)煎液は腐敗を防ぐために冷所に保管して下さい。
(6)使用期限をすぎた製品は使用しないで下さい。