ヘパ?ティッサンC錠の効能・用量・副作用など

ヘパ?ティッサンC錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 東洋カプセル
販売会社 アサヒフードアンドヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヘパ?ティッサンC錠の特徴

ヘパ?ティッサンC錠は吸収しやすい形にまで酵素加水分解して得られた必須アミノ酸を含む牛乳蛋白分解物にクエン酸コリン、メチオニン、乾燥肝臓、乾燥酵母、それに数種のビタミンを加えて製造した蛋白補給の為の栄養剤で、小判形の黄色糖衣錠になっています。
疲れやすい方々の肉体疲労・食欲不振・発熱性消耗性疾患・栄養障害などの場合の栄養補給におすすめします。

ヘパ?ティッサンC錠の効能効果

滋養強壮
虚弱体質
肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ヘパ?ティッサンC錠の用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用して下さい。(過ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ヘパ?ティッサンC錠の成分分量

1錠中
牛乳蛋白分解物 307.193mg
乾燥肝臓 7.202mg
DL-メチオニン 13.4mg
クエン酸(二水素)コリン 75mg
乾燥酵母 29.2046mg
チアミン硝化物 0.4mg
リボフラビン 0.4mg
ピリドキシン塩酸塩 0.8mg
シアノコバラミン 0.4μg
アスコルビン酸 10mg
トコフェロール 2mg
ニコチン酸アミド 2mg
パントテン酸カルシウム 2mg
(添加物)
タルク、沈降炭酸カルシウム、アラビアゴム、セラック、酸化マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム、珪藻土、白糖、黄色5号、パラベン、バニリン

ヘパ?ティッサンC錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヘパ?ティッサンC錠の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

ヘパ?ティッサンC錠に効果効能が似た薬

ヘパ?ティッサンC錠が気になる人向けのコラム

蒸した米や麦などの穀類に、「コウジカビ」を繁殖させたもの。一般的に漢字では「麹」と書きますが、米に花が咲いたように見えることから「糀」と書くことも。使われる穀類により、「米麹」や「麦麹」、「豆麹」などの種類があります。 「 コウジカビは、... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

1日6食ダイエット

1日6食
北川景子さんや春香クリスティーンさんなどの芸能人も実践されているダイエット法です。1日6食ダイエットとは、朝昼晩の3度の食事に加えて、3度の間食を摂って痩身を目指す方法です。人が健康に生きるのに必要なカロリーを6度に分けて、1... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む