アネミンケアの効能・用量・副作用など

アネミンケアの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 ジャパンメディック
販売会社 日水製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アネミンケアの特徴

アネミンケアは,かぶれや湿疹などの皮膚の炎症やかゆみを抑える,無着色・無香料のクリームです。殺菌成分配合により,同時に患部の雑菌による感染も防ぎます。のびが良くてベタつかず,赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使用できます。

アネミンケアの効能効果

湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

アネミンケアの用法用量

1日1?3回適量を患部に塗布する。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。

アネミンケアの成分分量

100g中
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 0.5g
グリチルレチン酸 0.2g
酢酸トコフェロール 0.5g
クロタミトン 5g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
パラフィン,ステアリン酸グリセリン,水添大豆リン脂質,カルボキシビニルポリマー,セトステアリルアルコール,アジピン酸ジイソプロピル,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレンセチルエーテル,クエン酸,ジイソプロパノールアミン

アネミンケアの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
1.次の部位には使用しないこと。
1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむしなどまたは化膿している患部。
2)目の周知,粘膜等。
2.顔面には,広範囲に使用しないこと。
3.長期連用しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にに相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮ふ(患部):みずむし・たむしなどの白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

アネミンケアの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.表示の使用期限を過ぎたものは使用しないこと。

アネミンケアが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

便座より汚い!?働く女性のスマホ、キーボード、化粧品事情

現代に生きる働く女性にとって、スマホや化粧道具は必需のアイテム。どんな人のバッグにも必ず入っていて、常に行動をともにしているはずです。 そんな身近な存在が、実は雑菌まみれの状態であることを知っていますか?今回は、女性が日常的に持ち歩く... 続きを読む

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む