イノセアワンブロックの効能・用量・副作用など

イノセアワンブロックの基本情報

イノセアワンブロック

イノセアワンブロック

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ヒスタミンH2受容体拮抗剤含有薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 あすか製薬
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

イノセアワンブロックの特徴

イノセアワンブロックは…
胃酸の分泌をおさえ,胃粘膜の修復を早めるロキサチジン酢酸エステル塩酸塩を含んだ胃腸薬です。
1日1回1カプセルの服用により,胃酸による胃痛,胸やけ,もたれ,むかつきの症状を改善させるすぐれた効果をもったお薬です。

イノセアワンブロックの効能効果

胃痛,胸やけ,もたれ,むかつき
(本剤は,胃のヒスタミンH2受容体に拮抗する薬を含んでいます。)

イノセアワンブロックの用法用量

胃痛,胸やけ,もたれ,むかつきの症状があらわれたとき,成人(15才以上,80才未満)の方は,次のとおり水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上,80才未満):1カプセル:1回
小児(15才未満):服用しないでください
高齢者(80才以上):服用しないでください
●1回1カプセル,1日1回を限度として服用してください。
●症状が治まった場合は,服用を止めてください。
●3日間服用しても症状の改善がみられない場合は,服用を止めて,医師又は薬剤師にご相談ください。
●1週間を超えて続けて服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤を服用の際は,アルコール飲料の摂取は控えてください。
(3)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

イノセアワンブロックの成分分量

1カプセル中
ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩 75mg
(添加物)
精製白糖,トウモロコシデンプン,酸化チタン,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム,その他3成分

イノセアワンブロックの使用上の注意と副作用

●3日間服用しても症状の改善がみられない場合は,服用を止めて,医師又は薬剤師にご相談ください。
●1週間を超えて続けて服用しないでください。*
*重篤な消化器疾患を見過ごすおそれがありますので,医師の診療を受けてください。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみ,のど・まぶた・口唇等のはれ)を起こしたことがある人。
(再び同じ薬を服用することによって,さらに強い症状を起こす可能性があります。)
(2)医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人。
1-血液の病気,2-腎臓・肝臓の病気,3-胃・十二指腸の病気,4-ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気,5-ステロイド剤,6-抗生物質,7-抗がん剤
(●前記1-?4-の病気で医師の治療を受けている人や,前記5-?7-の薬剤を服用している人が本剤を服用すると,白血球減少,血小板減少等を起こすことがあります。
●腎臓・肝臓の病気を持っている場合には,薬の排泄が遅れて血中濃度が高くなり,作用が強くあらわれることがあります。
●胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は,ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩や類似の薬が処方されている可能性が高いので,重複服用に気をつける必要があります。)
8-アゾール系抗真菌剤
(アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して,効果を減弱することがあります。)
(3)医師から赤血球数が少ない(貧血),血小板数が少ない(血が止まりにくい,血が出やすい),白血球数が少ないなどの血液異常を指摘されたことがある人。
(本剤を服用するとさらに血球数等が減少する場合があります。)
(4)小児(15才未満)および高齢者(80才以上)。
(小児に対しては使用経験が少なく,安全性が十分確認されていません。80才以上の高齢者では腎機能が低下していることが多く,排泄が遅れるため作用が強くあらわれることがあります。)
(5)妊婦又は妊娠していると思われる女性ならびに授乳婦。
(妊娠中の服用については,安全性が十分確認されていません。また,ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩は母乳中に移行するので,授乳中の女性が服用すると乳児に影響を与えることがあります。)
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の胃腸薬
(他の胃腸薬を同時に服用すると,作用が強くあらわれて予期せぬ副作用が起こるおそれがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人。
(他の医薬品と同時に服用すると,薬物相互作用により副作用を起こしたり,医薬品の期待される効果が得られないことがあります。)
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(薬物アレルギーの既往のある人は,本剤に限らず十分な注意が必要です。)
(3)高齢者(65才以上)。
(80才に満たない高齢者についても,一般に生理機能が低下していることがあります。)
(4)次の症状のある人。
のどの痛み,咳および高熱
(これらの症状がある人は,重篤な感染症の疑いがあり,血球数減少等の血液異常が認められることがあります。服用前にこのような症状があると,本剤の服用によって症状が増悪し,また本剤の副作用に気づくのが遅れることがあります。)
原因不明の体重減少,持続性の腹痛
(他の病気が原因であることがあります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
精神神経系:頭痛,手足のしびれ・こわばり感,眠気,めまい,混乱感
循環器:動悸
腎臓:全身のむくみ・血尿
その他:関節痛,気分が悪くなったり,だるくなったり,発熱してのどが痛いなど体調異常があらわれる。
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
横紋筋融解症:手足・肩・腰等の筋肉が痛む,手足がしびれる,力が入らない,こわばる,全身がだるい,赤褐色尿等があらわれる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
血液障害:のどの痛み,発熱,全身のだるさ,顔やまぶたのうらが白っぽくなる,出血しやすくなる(歯茎の出血,鼻血等),青あざができる(押しても色が消えない)等があらわれる。
3.誤って定められた用量を超えて服用してしまった場合,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
4.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師にご相談ください
便秘,下痢,口のかわき

イノセアワンブロックの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

イノセアワンブロックに効果効能が似た薬

イノセアワンブロックが気になる人向けのコラム

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

今日からできる!薬を飲まない5つの生理痛対策

生理痛を和らげるツボ
自然治癒力が上がると言われているツボ押し。東洋医学では、身体の神経を伝って流れる気が体の歪みなどが原因で滞り、体の不調を引き起こすと考えられています。そこで、ツボを押すことで気の流れを整え、体調不良を自分で改善する... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む