スキピタパップの効能・用量・副作用など

スキピタパップの特徴

スキピタパップの特長
1.貼っても臭いが気にならない微香性です。
2.のびのびタイプで、肌にぴったりフィットします。
3.含水性にすぐれ、高い冷却効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤 
製造会社 テイカ製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



スキピタパップの効能・効果

腰痛、肩こり、筋肉痛、打撲、捻挫、関節痛、しもやけ、筋肉疲労、骨折痛

スキピタパップの用法・用量

1日1〜2回、表面のプラスチックフィルムをはがして、患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部が汗等でぬれている時は、よくふき取ってから使用してください。
(3)使用法を厳守してください。

スキピタパップの成分・分量

100g(1,000cm2)中
サリチル酸グリコール 1.0g
酢酸トコフェロール(ビタミンE) 0.3g
グリチルリチン酸 0.02g
l-メントール 0.2g
(1枚7.5×14cm2。伸縮性)
(添加物)
水酸化Al、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒマシ油、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、カルメロースNa、無水ケイ酸、プロピレングリコール、D-ソルビトール、グリセリン、ポリソルベート80、酒石酸、エデト酸Na

スキピタパップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

スキピタパップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密封して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。