メンソレータムリシーナ坐剤Aの効能・用量・副作用など

メンソレータムリシーナ坐剤Aの基本情報

メンソレータムリシーナ坐剤A

メンソレータムリシーナ坐剤A

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤
製造販売会社 中外医薬生産
販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

メンソレータムリシーナ坐剤Aの特徴

痛みはないけど便器やティッシュに血が…
排便してもなんだかスッキリしない…
☆肛門内側のはれやいぼ痔(内痔核)などに
内痔核は,肛門内側の静脈の血流が悪くなり,うっ血していぼのように腫れた状態です。感覚神経が通っていない為,軽症時は痛みを感じませんが,排便時に便がこすれて出血してしまうことも。
こんな痔の症状を感じたら,がまんをせずに早めに治すことが大切です。
メンソレータムリシーナ坐剤Aは
「つらい痔の諸症状を効果的に治す」ことを目的に作られた痔のお薬。
■抑える

消炎成分が炎症を抑えます。
ヒドロコルチゾン酢酸エステル・酸化亜鉛・l-メントール
はれ・ただれ等の炎症を抑えます
■鎮める

痛みを止める成分Wで配合
つらい痛みをしっかり鎮めます。
アミノ安息香酸エチル・リドカイン
つらい痛みとかゆみをしっかり鎮めます
■改善する

傷ついた組織を修復し,ビタミンE誘導体が血流を促進。いぼ痔の主な原因であるうっ血を改善します。
イソプロピルメチルフェノール:患部を殺菌し,細菌の感染を防ぎます
アラントイン:傷ついた組織を修復します
トコフェロール酢酸エステル:血行を促進し,うっ血を改善します
◆手で直接触れることができない肛門内側(直腸側)の患部に,有効成分をダイレクトに届けます。
◆溶けやすく,スルッと入れやすいミニサイズの坐剤。

メンソレータムリシーナ坐剤Aの効能効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

メンソレータムリシーナ坐剤Aの用法用量

次の量を肛門内に挿入してください。
[年齢:1回量:1日使用回数]
15才以上:1個:3回まで
15才未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤が軟らかい場合は,しばらく冷やした後に使用してください。
また,硬すぎる場合には軟らかくなった後に使用してください。
(3)肛門にのみ使用してください。

メンソレータムリシーナ坐剤Aの成分分量

1個(1.0g)中
アミノ安息香酸エチル 40mg
リドカイン 48mg
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg
酸化亜鉛 100mg
l-メントール 5mg
イソプロピルメチルフェノール 2mg
アラントイン 10mg
トコフェロール酢酸エステル 50mg
(添加物)
ハードファット

メンソレータムリシーナ坐剤Aの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)患部が化膿している人
2.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮ふのかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は,使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

メンソレータムリシーナ坐剤Aの保管上の注意

(1)直射日光のあたらない,1?30℃の湿気の少ない涼しいところに,坐剤の先を下向きにして保管してください。(軟化した時,坐剤の変形を防ぐことができる)
また,冷凍庫など0℃以下の低温で保管した場合,まれに坐剤にひび割れを生じる場合がありますので,0℃以下の低温保存は避けてください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

メンソレータムリシーナ坐剤Aが気になる人向けのコラム

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?

「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家のニオイの原因はひとつだけではありません。タバコ、ペット、調理臭など、家に染みついたニオイが混じり合ったものです」と言うのは、臭気対策アドバイザーの岩橋尊嗣さん。 「よそのお宅に行... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む