スズレックスDX内服液IIの効能・用量・副作用など

スズレックスDX内服液IIの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
販売会社 ホーユー
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

スズレックスDX内服液IIの特徴

熱でだるい時・からだが疲れている時の栄養補給、滋養強壮に

スズレックスDX内服液IIの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

スズレックスDX内服液IIの用法用量

成人(15才以上)1回1本(30mL)を1日2回を限度として服用してください。
ただし、服用間隔は4時間以上おいてください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児(15歳未満)には服用させないで下さい。

スズレックスDX内服液IIの成分分量

1本(30mL)中
カンゾウ流エキス 200μL (甘草200mg)
ケイヒエキス 9mg (桂皮200mg)
シャクヤクエキス 15mg (芍薬60mg)
ショウキョウ流エキス 400μL (生姜400mg)
タイソウ流エキス 400μL (大棗400mg)
リボフラビン 2.5mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
ニコチン酸アミド 20mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
(添加物)
安息香酸ナトリウム,クエン酸ナトリウム,D-ソルビトール,パラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,DL-アラニン,カラメル,還元麦芽糖水アメ,酒石酸,白糖,DL-リンゴ酸,香料,アルコール0.33mL以下

スズレックスDX内服液IIの使用上の注意と副作用

■相談すること
しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
<成分・分量に関連する注意>
本剤の服用により尿が黄色になることがありますが、リボフラビン(ビタミンB2)によるもので心配ありません。

スズレックスDX内服液IIの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本品は生薬成分を含むため、まれに沈殿を生じることがありますが、薬効には影響がありません。よく振ってから服用して下さい。
(5)封をあけたら飲みきってください。封をあけたまま保存しないでください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

スズレックスDX内服液IIに効果効能が似た薬

スズレックスDX内服液IIが気になる人向けのコラム

熱めのお風呂でストレス防御と免疫力UP-細胞を修復するHPSて何?

私たちの体は、病気やけがなどから、自分で自分の体を守ろうとする生体防御システムをもっています。たとえば、かぜをひいたとき発熱するのは、免疫力を高め、かぜのウイルスの攻撃に対して体を守ろうとしているからです。また、小さな切り傷くらいなら、大... 続きを読む

代謝のいい体とは? 心と体の代謝のセルフチェックして健康管理

私たちは普段の生活のなかで、「代謝」とか「新陳代謝」という言葉をときどき目にしたり使ったりすることがあります。どちらも一般的な意味では「古いものが新しいものに入れ替わること」と説明されます。健康や体の働きをテーマとするときは、もう少し絞り... 続きを読む

夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは?
昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

野菜や果物の栄養素フィトケミカル-1日どれぐらい食べるといい?

「野菜は体によい」ことは誰でも知っているでしょう。その理由は、野菜を食べればビタミンやミネラル、食物繊維がとれるからだということも、すっかり定着しています。ビタミンやミネラルは、炭水化物、たんぱく質、脂質とともに五大栄養素といわれ、食物繊... 続きを読む