ノドコロントローチSの効能・用量・副作用など

ノドコロントローチSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 日野薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ノドコロントローチSの特徴

咽・喉頭炎などは,過労,睡眠不足,栄養不良などで抵抗力が弱まっているときに口や鼻から侵入した細菌が原因となって起こる炎症です。また,炎症が起きると,たんが生じ,それに伴ってせきが出るようになります。
ノドコロントローチSは,炎症を起こす原因となる細菌を殺して,のどのはれ・痛みを抑える塩化セチルピリジニウムをはじめ,せきやたんを鎮めるノスカピン,グアヤコールスルホン酸カリウムを配合したトローチ剤で,口中で徐々に溶かすと,口腔咽喉内に拡散し,長時間作用をあらわします。

ノドコロントローチSの効能効果

せき,たん
のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

ノドコロントローチSの用法用量

次の量を口中に含み,かまずにゆっくり溶かしてください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
11歳以上:1錠:2時間以上の間隔をおいて6回
8歳以上11歳未満:1錠:4時間以上の間隔をおいて4回
5歳以上8歳未満:1錠:4時間以上の間隔をおいて3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)かみ砕いたり,のみ込んだりしないでください。
(4)本剤の取り出し方
 錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。
 (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ノドコロントローチSの成分分量

6錠中
ノスカピン 40mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 140mg
塩化セチルピリジニウム 6mg
(添加物)
白糖,ブドウ糖,グリチルリチン酸二カリウム,アセスルファムカリウム,ヒドロキシプロピルセルロース,銅クロロフィリンナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,香料,バニリン,エチルバニリン,l-メントール

ノドコロントローチSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
 他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬),鎮静薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人
 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (5)次の症状のある人
  高熱
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
 (2)5〜6回服用しても症状がよくならない場合

ノドコロントローチSが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む