ヒノナミンA10の効能・用量・副作用など

ヒノナミンA10の特徴

ヒノナミンA10は,胃腸からの吸収や組織への移行がよいビタミンB1の誘導体であるチアミンジスルフィド配合のビタミンB1製剤で,ビタミンB1の不足で起こる神経痛,筋肉痛,手足のしびれなどの症状改善や,肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給に効果をあらわす,服用しやすい小粒の糖衣錠です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 日野薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC ビタチアン   VV・コリトル内服液   Vワンライフ   VワンライフEX   アイエース  



ヒノナミンA10の効能・効果

次の諸症状※の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,便秘,眼精疲労
脚気※
次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時
(効能関連注意)
ただし,これらの症状※について,1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師又は薬剤師にご相談ください。

ヒノナミンA10の用法・用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1~3回[ただし,1日2回服用する場合は朝食及び夕食後,1日3回服用する場合は毎食後,服用してください。]
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
※定められた用法・用量を厳守してください。

ヒノナミンA10の成分・分量

3錠中
チアミンジスルフィド 30mg
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,タルク,白糖,炭酸カルシウム,アラビアゴム,ゼラチン,マクロゴール,カルナウバロウ,黄色4号(タートラジン)

ヒノナミンA10の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

ヒノナミンA10の保管上の注意