アイリスガードPの効能・用量・副作用など

アイリスガードPの特徴

◆アイリスガードPは抗炎症成分のプラノプロフェンを配合した目薬です。
◆プラノプロフェンは炎症の原因物質(プロスタグランジン)の生成をおさえることにより、目の異物感(コロコロ・チクチクする感じ)・なみだ目・充血・かゆみ等の症状を緩和します。
◆やさしい清涼感の目薬です。

アイリスガードP

アイリスガードP

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 一般点眼薬
形状 液剤 
製造会社 テイカ製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC 赤い目薬   OAリッチ目薬   V・ロート   V・ロートクール   Vロートジュニア  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



アイリスガードPの効能・効果

目の次の症状の緩和:異物感(コロコロ・チクチクする感じ)、なみだ目、結膜充血、目のかゆみ、目やにの多いときの目のかすみ

アイリスガードPの用法・用量

1回1~2滴、1日4回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛にふれさせないでください。また、混濁したものは使用しないでください。
(4)コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。(一旦レンズをはずしてから点眼してください)
(5)点眼用にのみ使用してください。

アイリスガードPの成分・分量

100mL中
プラノプロフェン 0.0005
(添加物)
ホウ酸、pH調節剤、エデト酸Na、BHT、塩化ベンザルコニウム、l-メントール、dl-カンフル、ポリソルベート80

アイリスガードPの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
(1)7才未満の小児。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ、刺激感、異物感、なみだ目、目やに
その他:息苦しさ
3.次の場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)症状が悪化した場合。
(2)目のかすみが改善されない場合。(緑内障等の可能性も考えられる)
(3)3日位使用しても症状がよくならない場合。
(4)症状の改善がみられても、2週間を超えて使用する場合。

アイリスガードPの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。特に自動車内や暖房器具の近くなど、高温となるおそれのある場所に放置しないでください。なお、本剤は光による品質の変化を防ぐため、密栓して、必ず添付の携帯用袋(しゃ光性がある)に入れてください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はすみやかに使用してください。(品質保持のため)
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合は、清潔なガーゼなどで軽くふきとって使用してください。