長城冠丹元顆粒の効能・用量・副作用など

長城冠丹元顆粒の基本情報

長城冠丹元顆粒

長城冠丹元顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 アスゲン製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

長城冠丹元顆粒の特徴

中年以降または高血圧傾向のある方の頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸の改善を目的とした生薬製剤です。

長城冠丹元顆粒の効能効果

中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸

長城冠丹元顆粒の用法用量

次の1回量を1日3回,食間または空腹時に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。

長城冠丹元顆粒の成分分量

3包(9g)中
冠丹元エキス 4.5g (タンジン4.5g,センキュウ・シャクヤク・コウカ各2.25g,モッコウ・コウブシ各1.125g)
(添加物)
乳糖,ステアリン酸マグネシウム

長城冠丹元顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬によりアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみ等)を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:下痢,悪心,嘔吐,食欲不振,胃痛,腹部膨満感
その他:異常出血,動悸,のぼせ,ほてり,ふらつき
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談してください。

長城冠丹元顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

長城冠丹元顆粒が気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

めまいの3つのタイプと原因と症状-ストレスが原因のめまいも

朝起き上がろうとしたとき、くらっときたり、目の前の風景がぐるぐる回ったりすることはありませんか?
「めまい」の原因の7割は内耳の異常にありますが、脳に異常がある場合や、自律神経やホルモンの乱れなどからめまいが起こる場合もあります。
め... 続きを読む

月経前症候群(PMS)には心のケアも必要-症状を軽くする3つのコツ

PMSとはPremenstrual
Syndromeの略で、月経前におこる体と心の不快な症状のこと。日本語では「月経前症候群」といいます。体温が高くなる排卵期から月経までの黄体期(約7~10日間)にみられ、毎月くり返し、月経が始まると症状... 続きを読む

うつ病かも? うつを見分ける7つのポイント|回復への近道は?


うつ状態は、誰でもが陥りやすい状態です。一昔前までは、中年以降のものとされていましたが、最近では、低年齢化の傾向がみられ、大学生はもちろんのこと、不登校中の中学生や高校生にもみられるようになりました。専門家の話では、小学生にまで降りてき... 続きを読む

脳卒中の危険因子とは-突然の発症、若くても油断禁物!

脳卒中(脳血管障害)は、1980年までは日本人の死因の第1位を占めていました。その後、がんや心臓病で亡くなる人がより多くなり、現在は死因の第3位となっています。といっても、脳卒中をおこす人が減少したわけではありません。治療の進歩などにより... 続きを読む